社長メッセージ

アクアスは1958年の創業以来、多くのお客様、お取引先の皆様に支えられ、幅広く事業を展開してきました。水処理プラント、装置、メンテナンス、薬品、技術サービスを通じて多様な水処理ニーズに応え、新しい価値を提供し続ける総合水処理メーカーとして、これからも努力を続けてまいります。

 

「すぐれた水処理技術で人と環境の調和を目指し未来に貢献する」が創業以来、わたしたちが受け継いできた事業目的です。わたしが入社した30数年前もほぼ変わりなく、当時の先輩社員から「水処理という仕事は、人が産業活動で汚した水を、きれいにして再び自然に還す仕事」という話を聞き、そのような使命を持つ会社に魅力を感じたものです。もちろん今も水処理の仕事に大きな誇りと責任感を抱いています。
さて今日、社会の課題は複雑化し、国連サミットでSDGsが採択されたように国や企業、地域などによる協調した取組みが求められています。将来にわたって深刻化が懸念されている地球温暖化や気候変動、環境汚染、廃棄物問題といった社会の課題解決に、アクアスはどのような貢献ができるのでしょうか。
それは、今わたしたちが取組んでいる「水処理プラントの高効率化の追究」「省エネや省力、節水、環境に配慮した技術サービスの拡充」「健康を守るレジオネラ防除技術の深化」など、新しい価値を創造し、社会に、お客様に提供し続けることが一つの答えになると考えています。これらの目標実現に向け、具体的な取組みを推進していきます。

 

過去最高の収益で終えた2019年度に続き、2020年4月から新たな3ヶ年中期経営計画がスタートしました。本中期計画ではコロナ禍から社員と家族の健康と生活を守りながら、収益拡大を目指すことを目標にしています。
入社以来、バブル崩壊、リーマンショック、東日本大震災、コロナショックと有事を経験しました。この間、アクアスも成長を続けてきましたが、これからの経営環境はAIやIoTなどデジタル技術の急速な進歩、カーボンニュートラル/脱炭素社会への移行など、大きな変化が生じ、コロナショックを乗り越えても不透明さが続くことでしょう。会社も社員も変化に適応できる強い企業でなければ、継続して存続し成長することはできません。
全社でデジタル化、業務改革、制度改革の手を緩めず生産性を高めるとともに、新しい顧客満足、顧客価値の創造に挑戦します。
多くのお客様も課題解決に悩みをお持ちです。お客様に寄り添い、課題解決のパートナーとなることで、社会とお客様への貢献、会社の成長と自身の変化を社員一人ひとりが実感できるアクアスを目指します。