MAC洗浄

MAC洗浄のここが「すごい」

熱交換器や配管に付着したスケールは、効率低下や閉塞などのトラブルの原因となります。ブラシが入るところはこすり落とす手もありますが、分解できない場所や簡単にきちんと落としたいときはMAC洗浄がお役に立てます。

スケールは効率の大敵

スケールは水中に含まれるカルシウム、マグネシウムやシリカが析出して機器に付着したものです。濃縮や加熱でスケール成分が溶解できる限界を超えると析出してスケールになります。水処理を行うとスケールをつきにくくすることができますが、それでも長期間使用するとわずかずつ汚れが蓄積してゆきます。微量でもスケールが付着すると熱交換効率が大きく低下するので、定期的にスケールを除去することが省エネにつながります。

MAC洗浄はシリカ洗浄がすごい

シリカスケールは硬質のうえ塩酸などには溶解しません。高温の強アルカリには溶解しますが、室温程度ではあまり溶解しないので除去が難しいスケールです。MAC洗浄はまず一次洗浄でスケールを多孔質化し、次に二次洗浄でシリカスケールを除去します。独自の二段階工法で頑固なシリカスケールもきっちり落とします。もちろん、カルシウムやマグネシウム、酸化鉄スケールも同時にまるっときれいに。

MAC洗浄はMACがすごい

MAC洗浄の「MAC」はMeasuring Active Concentrationの略。洗浄に必要な有効成分「ACファクター」はスケールと反応して少なくなっていきます。MAC洗浄はACファクターを測定して、洗浄剤を過不足なく維持し、そして洗浄終点を正確に見極めます。これまで勘と経験で行われていた洗浄工程の管理をデータで見える化します。洗浄剤不足による洗浄不良がなく、機器へのダメージも最少で済みます。より安全にきれいに洗浄できます。

MAC洗浄はノウハウがすごい

MAC洗浄の専門部隊が様々な洗浄ノウハウを駆使して、スケールを徹底的に落とします。例えば、バブリング、液流の変化、液温などなど。また洗浄剤もMAC洗浄専用のアクアスリフレーンHX、RCシリーズを新たに開発しました。このため、MAC洗浄はアクアスリフレーンと洗浄工事をセットでお引き受けするようにしています。ハードとソフトの両方がそろうことでMAC洗浄の実力を発揮できるからです。

MAC洗浄はアフターもすごい

洗浄後は機器の鉄、銅などの金属表面が活性化され腐食が発生しやすい状態になっています。アクアスは総合水処理メーカーの強みを生かして、洗浄後の腐食を防止する処理も行います。また、洗浄廃液は原則としてすべて産業廃棄物として処分します。面倒な後処理もMAC洗浄ならアクアスにお任せです。