プレスリリース

高効率好気性排水処理システム
アクアスノーベルの受注を開始

アクアスは、標準活性汚泥法の15~30倍のBOD容積負荷を実現した、他に類を見ない高効率の好気性排水処理システム アクアスノーベルの受注を開始しました。
アクアスノーベルは酸素溶解効率を大幅に高める下降流ばっ気方式(Down Stream Aeration、特許出願中)を採用した、佐竹化学機械工業株式会社(埼玉県戸田市新曽66 社長 西岡光利)との共同開発製品です。反応槽内におけるBOD容積負荷を高く設定することが可能で、反応槽を大幅に小型化することに成功しました。このことにより設備の設置面積を大幅に縮小できます。食品工場、製薬工場、製紙工場、化学工場、自動車工場などから排出される有機性排水に適用できます。

有機性排水は反応槽内(ばっ気槽)にて高濃度に維持された微生物が有機物を分解することにより処理されます。微生物が有機物を処理するためには、酸素が十分に微生物に供給されることが必要で、酸素の水への溶解効率により反応槽の処理能力が決定します。標準活性汚泥法では反応槽(ばっ気槽)の底部から空気を散気することにより酸素を供給していますが、この方法では供給した酸素のうち5~15%ほどしか利用できず、BOD容積負荷を大きくすることが不可能でした。アクアスノーベルは新しく開発した下降流ばっ気方式(DSA)により槽内で大循環流を形成し、通気された空気を均一的に分散させます。酸素の利用効率(移動効率)を80%以上(最大時)にまで高めるとともに反応槽内の強撹拌で汚泥界面を破壊することに成功しました。
BOD容積負荷を15~30kg-BOD/m3・dayまで大きくすることができ、反応槽に必要な設置面積を標準活性汚泥法と比較して10分の1以下とすることが可能で、狭い敷地にも容易に設置できます。
また、DSAは下降流を生み出すために、高吐出型特殊翼と静翼を用いる高効率撹拌装置を採用しています。強力な流れを小さな動力で発生させることができるため、運転に必要な電気料金を大きく削減することができます。
アクアスノーベルは高濃度の有機性排水に特に好適で、これまでにないコンパクトな処理システムが、安価なランニングコストで実現できます。さらに小型の設備には、純酸素によるばっ気を採用することにより、より効率を高めた処理システムも提案できます。

アクアスは排水処理プラントをはじめ、冷却水、ボイラ水、用水などユーティリティ分野向けに水処理薬品、水処理装置、水処理プラントなど水に関する幅広いニーズに対応した製品をワンストップで提供する、総合水処理メーカーです。

 

  • 各処理法の比較

 

 

  • DSAを利用した反応槽(イメージ)

 

 

 

  • 各処理法でのばっ気槽、反応槽大きさ比較

 

  • 本件に関するお問い合わせ先
    アクアス株式会社 東京プラント営業部 担当:石塚
    TEL 03-3786-2197
    FAX 03-3783-2607
    e-mail  k_ishitsuka0249@aquas.co.jp

 

  • 共同開発

 

       

佐竹化学機械工業株式会社
TEL 048-433-8711
FAX 048-433-8541
URL https://www.satake.co.jp/

新着情報

当社における新型コロナウイルス感染者発生に関するお知らせ

2021/9/7

 

当社の八戸営業所(青森県八戸市)に勤務する従業員1名が、新型コロナウイルスに感染していることが判明しましたのでお知らせいたします。
当該従業員に症状はありませんが、濃厚接触者と特定されPCR検査を受け、9月3日(金)に陽性であることが確認されました。なお、当該従業員の濃厚接触者はおりません。
当社では、従業員への感染拡大防止策の周知徹底と共に時差出勤、在宅勤務、WEB会議の利用等を積極的に実施しております。今後も引き続き感染防止に努めてまいります。

新着情報

当社における新型コロナウイルス感染者発生に関するお知らせ

2021/8/19

 

当社のつくば総合研究所(茨城県つくば市)に勤務する従業員1名が、新型コロナウイルスに感染していることが判明しましたのでお知らせいたします。
当該従業員は8月11日(水)に嗅覚障害の症状があり、PCR検査を受け、陽性であることが確認されました。なお、保健所より濃厚接触者はいないとの連絡を受けています。
当社では、従業員への感染拡大防止策の周知徹底と共に時差出勤、在宅勤務、WEB会議の利用等を積極的に実施しております。今後も引き続き感染防止に努めてまいります。

新着情報

当社における新型コロナウイルス感染者発生に関するお知らせ

2021/5/6

 

当社の福岡支店(福岡市博多区)に勤務する社員1名が、新型コロナウイルスに感染していることが判明しましたのでお知らせいたします。
当該社員は4月27日(火)に発熱し、PCR検査を受け、30日(金)に陽性であることが確認されました。なお、当該社員が勤務していた支店の消毒は既に専門業者により実施済です。そのほか管轄保健所の指導のもと、濃厚接触者が特定されましたが、PCR検査の結果、陰性が確認されました。
当社では、社員への感染拡大防止策の周知徹底と共に時差出勤、在宅勤務、WEB会議の利用等を積極的に実施しております。今後も引き続き感染防止に努めてまいります。

新着情報

当社における新型コロナウイルス感染者発生に関するお知らせ

2021/4/26

 

当社の東京事業所(東京都目黒区)に勤務する社員3名が、新型コロナウイルスに感染していることが判明しましたのでお知らせいたします。
当該社員らは4月19日(月)に発熱し、医療機関にてPCR検査を受け、陽性であることが確認されました。なお、当該社員らが勤務していた事業所の消毒は既に専門業者により実施済です。そのほか保健所より濃厚接触者5名が特定されましたが、PCR検査の結果、5名全員の陰性が確認されました。
当社では、社員への感染拡大防止策の周知徹底と共に時差出勤、在宅勤務、WEB会議の利用等を積極的に実施しております。今後も引き続き感染防止に努めてまいります。

新着情報

日本初※となるレジオネラ属菌検査(培養法)のISO/IEC17025認定を取得しました

2021/03/12

 

アクアス株式会社は、試験所・校正機関の国際規格であるISO/IEC17025:2017の認定を取得しました。レジオネラ属菌検査(培養法)での同規格の認定は日本初※となります。

ISO/IEC17025:2017は試験所・校正機関が正確な測定、校正結果を生み出す能力があるかを、第三者認定機関が認定する国際規格です。この認定によってアクアスが提供するレジオネラ属菌検査(培養法)の検査結果が公平で、信頼できることが国際的に認められたこととなります。

アクアスは人工環境水のレジオネラ対策のパイオニアとして、1982年に民間では日本初となるレジオネラ属菌検査を開始し、これまでに実施したレジオネラ属菌検査の検体数は40万本以上となりました。現在では年間約30000検体の検査実績があります。PHE(Public Health England)の検査精度プログラムに長年にわたり参加し、レジオネラ属菌の検査精度の維持向上に努めています。

適用規格:ISO/IEC17025:2017
認定試験所の名称:アクアス株式会社 つくば総合研究所
認定範囲:環境水のレジオネラ属菌検査(培養法)
認定機関:PJLA(ペリージョンソン ラボラトリー アクレディテーション インク)

※2021年3月4日現在、アクアス調べ

新着情報

電子メール送信時における添付ファイルの取扱いについて

2021/1/29

 

弊社では電子メールにファイルを添付して送信する際に、添付ファイルを暗号付ZIPファイルに変換し、パスワードを別の電子メールに記載する方法で送信しておりましたが、2021年2月1日よりこの取扱いを廃止します。

本取扱いは、電子メール添付ファイルのセキュリティ強化を目的に導入しましたが、必ずしもセキュリティ強化に寄与しないほか、暗号付ZIPファイルは電子メール受信先のウィルス対策ソフトでウィルスチェックすることができず、逆に電子メール受信先でのセキュリティリスクを増やす可能性があると判断しました。

 

弊社では電子メール送信サーバーにSSLを利用しており、すべての電子メール添付ファイルのウィルスチェックも行っております。合わせて従業員へのセキュリティ教育を強化することで電子メールに関するセキュリティを担保してゆきます。