レジオネラ症報告件数レポート

2020年2月レジオネラ症報告件数

レジオネラ症報告件数

国立感染症研究所では、第4類感染症の報告件数をインターネットにて公開しています。
本ページでは国立感染症研究所の発表している最新データを基にデータをまとめています。

※国立感染症研究所の感染症発生動向調査 週報(IDWR)は週ごとに集計されています。
 本ページでは各月の最初の木曜日が属する週からその月が始まるように、各週のデータを月に割り当てています。

月別報告件数の推移

 1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2018年56737755177224251145233238154100
2019年117897372151225277308235203141116
2020年11896

月別累計件数の推移

 1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2018年65159252314524785108012611537182320092130
2019年130239327413596845115915151781201621862314
2020年130248

 

PDFダウンロード

レジオネラ報告件数レポート最新版を、PDFデータでダウンロードできます。
PDFデータの閲覧にはAdobe Readerが必要です。

レジオネラニュース

県感染症情報−愛媛県

2020/02/15付、2020/02/29付の愛媛新聞によると、感染症についての報告があった。
(1月27日〜2月9日)レジオネラ症1例(60代女性)
(2月10日〜23日) レジオネラ症1例(80代男性)

レジオネラニュース

レジオネラ菌基準超え、「美濃田の湯」営業休止、張り紙に検出表記せず−徳島県

2020/02/25付の徳島新聞によると、徳島自動車道・吉野川ハイウェイオアシス(東みよし町足代)の入浴施設「美濃田の湯」の浴槽から、厚生労働省の基準値を上回るレジオネラ菌が検出され、施設は17日から営業を休止している。
施設を運営する第三セクター「吉野川オアシス」によると、検出されたのは1月27日に採取した浴槽の水で、厚労省が定めた基準値を超えていた。2月17日に設備を総点検した結果、水質確保のために使う薬剤を管理する計器の一部に異常が見つかったという。
同社は施設玄関に営業休止の張り紙を掲示したが、菌の検出は明かしていなかった。

レジオネラニュース

老人福祉施設からレジオネラ菌検出、浜松市、浴槽利用停止−静岡県

2020/02/22付の静岡新聞によると、浜松市は21日、同市南区増楽町の市老人福祉センター可美荘の女性浴槽で採取した水からレジオネラ菌が検出されたと発表した。22日から、男女両浴槽の利用を停止する。
市高齢者福祉課によると、13日の検査で採取した水から基準値を超える菌が検出された。男性浴槽からは検出されなかったが、市は男女とも浴場の消毒を行うという。