レジオネラニュース

出水の温泉でレジオネラ属菌を検出-鹿児島県

2016/05/08付の西部読売新聞によると、県は6日、出水市明神町の「天然温泉ぬくもりの湯」で女性用浴場から国の基準を超えるレジオネラ属菌が検出され、同施設に7日から16日までの営業停止命令を出したと発表した。
発表によると、4月25日にレジオネラ症患者発生の届出があり、発症前に患者が利用した同施設を検査したところ、最大で国基準の27.5倍のレジオネラ属菌が検出されたという。

レジオネラニュース

天龍の温泉施設でレジオネラ菌検出-長野県

2016/05/07付の信濃毎日新聞によると、天龍村神原の村温泉施設「おきよめの湯」は6日、男湯から国基準値を超えるレジオネラ菌を検出したと発表した。
4月27日の検査で男湯露天風呂から基準の4倍のレジオネラ菌を検出。浴槽や配管設備などを洗浄し、再検査で安全が確認されるまで男湯、女湯ともに営業を休止するという。

レジオネラニュース

感染症情報-熊本県

2016/04/29付の熊本日日新聞によると、県健康危機管理課がまとめた18~24日の県感染症情報によると、レジオネラ症が3人報告された。

レジオネラニュース

須坂の福祉施設でレジオネラ菌検出-長野県

2016/04/22付の信濃毎日新聞によると、須坂市社会福祉協議会は21日、管理運営する市老人福祉センター永楽荘の入浴施設で国基準値を上回るレジオネラ菌が検出されたと発表した。原因は不明で再開まで最低2週間はかかるとしている。
市社協によると6日に水質検査、20日に男湯で基準値の10倍、女湯で34倍のレジオネラ菌検出の結果が出たため同日入浴施設の利用を停止し、長野保健所の指導で配管の洗浄などを行い、あらためて水質検査を行うという。

レジオネラニュース

新潟市保健所管内の男性がレジオネラ症-新潟県

2016/03/03付の新潟日報によると、2月22日に新潟市保健所管内の医療機関で70歳以上の男性がレジオネラ症と診断された。 2月29日には新潟市保健所管内で60代男性がレジオネラ症との診断を受けた。

レジオネラニュース

秩父の入浴施設でレジオネラ菌-埼玉県

2016/03/26付の東京新聞(埼玉版)によると、秩父市は25日、下郷福祉交流センターの女性用の浴槽から国の基準を20倍を超えるレジオネラ菌が検出されたと発表した。当面の間、センターにある全ての浴槽の利用を中止した。今のところ発症者の報告はないという。

レジオネラニュース

南伊豆町営温泉でレジオネラ菌検出、月末まで営業自粛-静岡県

2016/04/07付の静岡新聞によると、南伊豆町の町営日帰り温泉施設「銀の湯会館」は6日、基準を超えるレジオネラ菌が検出されたと発表した。4月末まで営業を自粛する。町や県賀茂保健所によると、3月14日に入浴した60代の男性がレジオネラ症の疑いがある肺炎と診断され、保健所は同月28日に施設を立ち入り調査、浴槽8カ所すべてで基準以上のレジオネラ菌が検出された。保健所によると、浴槽内の塩素濃度が県条例の設定値を下回っており、施設に清掃や消毒の実施などを指導したという。

レジオネラニュース

レジオネラ菌検出大湯会館一時休業/大鰐-青森県

2016/02/02付の東奥日報によると、大鰐町は1日、蔵館財産区管理会が運営する温泉公衆浴場「大湯会館」の女子浴槽から基準値を超えるレジオネラ菌が検出されたと明らかにした。町によると、1月19日の定期水質検査で女子浴槽から基準値を上回るレジオネラ菌が検出されたことが29日に判明。管理会は女子浴槽を休業とし、30、31日は全館休業した上で消毒清掃した。今後、再発防止に向け、清掃方法の具体的なマニュアルを作るという。