レジオネラ菌村上の温泉旅館、浴場4カ所で検出-新潟県

2015/05/29付の毎日新聞地方版によると、県は28日、村上市瀬波温泉の旅館「瀬波はまなす荘」の 浴場4カ所からレジオネラ菌を検出したと発表した。利用客の80代女性がレジオネラ症による肺炎を 発症したが、快方に向かっているという。 村上保健所が21日に立ち入り調査した結果、浴場からレジオネラ菌を検出。施設は同日から浴場の 使用を中止しているという。

レジオネラ症7人入院、盛岡「銭湯岩手山」最大600倍の菌検出-岩手県

2015/05/26付の岩手日報によると、盛岡市保健所は25日、同日までに市内の50〜80代の男女 7人がレジオネラ症を発症して入院、患者全員が利用した同市「銭湯岩手山」の浴槽水、シャワー 水などから最大で基準値の600倍のレジオネラ属菌が同日検出されたと発表した。 同施設は4月24日にオープン。5月14〜25日に、市内の医療機関から市保健所に相次いで同症 発生の届け出があった。保健所は15、18両日に立ち入り検査を実施、25日に基準値を上回る菌を 検出したことから施設設備と管理方法の改善が確認されるまで営業を自粛するよう要請したという。

望洋荘利用の男性レジオネラ菌感染-長崎県

2015/05/09付の長崎新聞によると、雲仙市は8日、市が運営する国民宿舎望洋荘で 4月21日に温泉を利用した男性(88)がレジオネラ症と診断されたと発表した。 県南保健所の水質検査で、温泉から基準を最大約1440倍上回るレジオネラ属菌を 検出したという。 望洋荘は安全が確認されるまで入浴施設の営業自粛を続けたいとしている。

皆生温泉の旅館でレジオネラ菌検出5日間浴槽使用停止-鳥取県

2015/04/26付の大阪読売新聞によると、県西部総合事務所生活環境局は25日、米子市皆生温泉の 「皆生つるや」の男性用風呂の浴槽から県の基準を上回るレジオネラ菌を検出したと発表、25日から 5日間、浴槽を使用停止の処分とした。 同施設で5日、70歳代の男性宿泊客が浴槽で転倒し、湯を誤飲して入院。呼吸器に異常が出たため 細菌検査を実施したところ、レジオネラ菌を検出した。男性は快方に向かっているという。 浴槽を調べた結果、男性から検出されたものと同じ遺伝子型の菌が検出され、同施設では20日から 浴槽の使用を自粛し、改修や配管の浄化をしたという。

健康福祉施設浴槽でレジオネラ菌を検出-千葉県

2015/04/24付東京読売新聞によると、山武市は23日、美杉野の健康福祉施設「さんぶの森元気館」 の浴槽から国の基準値を超えるレジオネラ菌が検出され、同日から浴槽利用を中止したと発表した。 同施設では2008年と11年にも基準を超えるレジオネラ菌が検出され、検査や水の入れ替えを強化し ており、市が原因を調べているという。 毎月の水質検査で、浴槽の水から基準値をわずかに超えるレジオネラ菌を検出したとのこと。

レジオネラ属菌、高齢女性から検出、八幡東区の施設-福岡県

2015/04/22付の毎日新聞地方版によると、北九州市は21日、八幡東区の高齢者施設に入所する 女性が、レジオネラ属菌感染に伴う症状を訴えていると発表した。女性は19日に発熱や下痢の症状 を訴えて区内の医療機関に入院。尿からレジオネラ属菌を検出されたため、医療機関が市保健所に 届け出た。症状は落ち着いているという。

基準値上回るレジオネラ菌出雲の温泉施設-島根県

2015/04/15付の中国新聞によると、出雲市は14日、湖陵福祉センターの温泉施設の男湯 から基準値の約180倍のレジオネラ菌が検出されたと発表、同日、営業を停止した。 3日の定期水質検査で判明し、出雲保健所が立ち入り検査するなどして原因を調べている という。同センターは市の施設で、運営は指定管理者の市社会福祉協議会が行っている。

朝霞の老人福祉センター浴室でレジオネラ菌-埼玉県

2015/04/11付朝日新聞によると、朝霞市は10日、市浜崎老人福祉センターの女子浴槽から、 国の基準を超えるレジオネラ菌が検出されたと発表し、同日午後から老人福祉センターのある 市総合福祉センター内の4浴室の利用を中止した。今後は配管を洗浄・清掃し、再検査をする という。

レジオネラ菌を検出、臨時休業-埼玉県

2015/03/28付の朝日新聞によると、加須市は27日から、市老人福祉センター「不老荘」の有料の 浴場を臨時休業すると発表した。 水質検査で四つの浴槽の一つから基準値を超すレジオネラ菌 が検出されたため休業し、滅菌や清掃、浴槽の改修などの対策を施すという。

レジオネラ菌検出-青森県

2015/03/19付の東奥日報によると、大鰐町の大鰐財産区管理の温泉公衆浴場「若松会館」の浴槽 から国の基準値を超えるレジオネラ菌が検出され、11日から自主的に営業を自粛しているという。 同財産区によると、定期検査の結果、男女各浴槽から基準値を超す同菌が検出されたことが10日に 判明、消毒清掃など衛生管理の徹底を図るとともに、9項目の改善対策を策定したという。