基準61倍レジオネラ菌奥の湯温泉、安全確認まで営業停止-香川県

2007/09/13の朝日新聞によると、高松市保健所は12日、市老人福祉センター「奥の湯温泉」(同市塩江町上西甲)の浴槽水から国の基準値の29〜61倍のレジオネラ菌が検出されたと発表したという。同保健所は公衆浴場法に基づき、安全が確認されるまで営業停止とする処分を同日付で出した。 8月17日に施設を利用した同市の70代の男性が発熱やせきなどを訴え受診したところ、レジオネラ菌に感染しているのが分かったが、現在は快方に向かっているという。医療機関からの届け出を受けて立ち入り検査をしたところ、男風呂からは100ミリリットル中440〜610個(国の基準は10個)、女風呂からは290個の菌が検出。残留塩素の濃度が基準値を下回っていた可能性があるという。 市長寿社会対策課によると、06年度の奥の湯温泉の年間利用者数は約6万7千人。このうち、約4万6千人が65歳以上の高齢者だという。

レジオネラ菌、県基準の39倍を検出-青島のホテル-宮崎県

2007/09/12の毎日新聞地方版によると「青島パームビーチホテル」(宮崎市青島)は11日、温泉施設の浴槽から基準を超えるレジオネラ菌を検出したと発表したという。健康被害の報告はないが同ホテルは施設を塩素消毒し滅菌されたことが確認できるまで温泉施設の営業を休止するとのこと。 同ホテルによると検出されたのは女性用の打たせ風呂浴槽。3日に自主検査のため湯を採取。その結果10日になって県基準の39倍のレジオネラ菌が検出されたことが分かったという。温泉施設にはこの間約3200人の利用があった。

レジオネラ菌:宇都宮の課外授業施設で検出-栃木県

2007/08/30の毎日新聞地方版によると宇都宮市スポーツ振興課は29日、同市立の小・中学校が課外授業で利用する「冒険活動センター」(宇都宮市篠井町)の男子浴槽から、基準値約2倍のレジオネラ菌を検出したと発表したという。健康被害の報告は今のところはないとのこと。今月28日の同市保健所の検査結果で判明、9月5日まで浴槽の使用を禁止した。

浴場から基準130倍のレジオネラ菌検出増毛町営、1か月超営業-北海道

留萌・増毛町別苅、町営宿泊施設「ホテル増毛」の浴場で今年6月、国の基準の130倍にあたるレジオネラ菌が検出されていたという。町は1か月以上にわたり業者による検査結果を確認せず営業していた。利用者から健康被害の報告はない。 町によると、6月中旬業者の検査で5つの浴場のうち2浴場で130〜16倍の基準値超過が判明したが、検査結果は町に伝わらず、町は7月25日になって初めて基準値超過を知った。7月26日に再度検査、8月2日に2浴場で120〜59倍の基準値超過が判明したため、同日からすべての浴場の営業を停止したという。

レジオネラ症に研究所職員感染、英口蹄疫疑惑-イギリス

英健康保護庁は9日、英南部サリー州の農場の牛から見つかった家畜伝染病、口蹄(こうてい)疫の感染源との疑いが持たれている政府系の動物衛生研究所に勤める職員が、レジオネラ症に感染していることを明らかにした。 レジオネラ菌はごく少量とみられ、口蹄疫との関連は不明。レジオネラ症は潜伏期間があることから職員の自宅や職場のほか10-14日の間に訪れた場所を対象に調査を進める。 3日に発覚した口蹄疫について調査している健康安全庁は感染源について、同一敷地内でウイルスを使った研究を行っている動物衛生研究所と、製薬会社の二つの研究施設から流出した可能性が高いとする報告書を発表。施設関係者の体に付着して持ち出されたとの見方を強めているという。

レジオネラ菌再び検出、河内の福祉センター内、3月にも同じ浴槽-栃木県

宇都宮市高齢福祉課は16日、河内総合福祉センター内の展望風呂でレジオネラ属菌が検出され、入浴利用を一時停止したという。同センターは旧河内町が市に編入される直前の三月にも指針値を超える菌を検出しており、5カ月後に再び同じ菌が検出されたことになる。利用者の健康被害例は、現在は確認されていない。 調査した浴槽水のレジオネラ属菌は指針値の110倍。浴場は定期的に男湯・女湯が入れ替わり、今回は男湯で検出されたが3月に同菌を検出した女風呂と浴槽は同じという。 センターは近隣の温泉から週一回湯を運んで入れ替えをし、塩素は補給しながら一定濃度を保っているという。同センターはろ過システムの機材が交換時期で、7日に入れ替えたがその直前だったことが関係しているかもしれないと話しているという。

レジオネラ菌再び検出、河内の福祉センター

宇都宮市高齢福祉課は十六日、河内総合福祉センター内の展望風呂で浴槽の水から指針値以上のレジオネラ属菌が検出され、入浴利用を一時停止したという。同センターは旧河内町が市に編入される直前の三月にも指針値を超える菌を検出しており、五カ月後に再び同じ菌が検出されたことになる。利用者の健康被害例は、現在は確認されていない。 調査した浴槽水は三日に採水したもので、レジオネラ属菌は指針値の百十倍。浴場は定期的に男湯・女湯が入れ替わり、今回は男湯で検出されたが三月に同菌を検出した女風呂と浴槽は同じという。

温水プールにレジオネラ菌*千歳市、全館休館-北海道

千歳市教委は17日、市温水プール(千歳市流通)でレジオネラ菌が検出されたため全館休館にし消毒作業を進めているという。 定例検査で9日に採取したジャグジーの水から100ミリリットルあたり20個(衛生基準は10個未満)の菌が検出された。直ちに閉館、全プールの水抜きを始め、消毒作業に入った。営業再開は千歳保健所などにより安全が確認されてからとのこと。

ETOランドの浴場からレジオネラ菌基準の42倍、被害報告なし-宮崎県

延岡市のレジャー施設「ETOランド速日の峰」を運営する同市の第3セクター「速日の峰振興事業団」は17日、施設内の浴場から国が定める水質基準の42倍のレジオネラ菌が検出されたという。16日から浴場の営業を自主的に休止している。これまでのところ利用者から健康被害は報告されていない。 8日に浴場の湯を採取、16日に国の基準を超える420個のレジオネラ菌が検出された。湯の採取日の約1週間前から浴場を利用した人のうち、施設に宿泊し、宿泊者名簿から連絡先がわかる利用者に健康被害が出ていないか聞いている。 事業団は、湯の濾過(ろか)装置の掃除が十分ではなかった可能性があり、浴場を洗浄した後再度検査し、異常がなければ営業を再開するという。

露天風呂で650倍のレジオネラ属菌草津「なごみの郷」-滋賀県

草津市立施設「なごみの郷」の露天風呂からレジオネラ属菌が検出され、市は22日から当面の間、露天風呂を使用休止にしたという。健康被害は報告されておらず、内湯は通常通り利用できるとのこと。 2ヶ月に一度水質検査を実施しているが、21日の検査で厚生労働省が示す基準値の650倍にあたるレジオネラ属菌が確認された。再度水質検査を行い、問題がなければ使用を再開するという。なごみの郷では2001年にもレジオネラ属菌が見つかっている。