レジオネラ菌を検出-長崎県

2015/10/09付の朝日新聞によると、平戸市が管理する平戸温泉給湯センターで、温泉水から レジオネラ菌が検出されたと市が8日発表した。 センターは源泉から温泉水を市販。5つのスタンドの内、ホテルなど大口利用者向けの一つから 採取した検体で陽性の結果が出たため温泉水を購入した施設では温泉水を捨てるという。 市は安全が確認されるまでセンターを閉鎖する。

レジオネラ菌感染40歳代男性が死亡-広島県

2015/09/19付の大阪読売新聞によると、県は18日、尾道市在住の40歳代男性がレジオネラ菌 による肺炎で死亡したと発表した。 県健康対策課によると、男性は12日、尾道市内の病院に救急搬送され、尿検査でレジオネラ菌 に感染していることが分かったという。感染経路は分かっていない。

感染症情報-新潟県

2015/09/17付の新潟日報によると、8日に糸魚川地域振興局管内で50代男性が、9日に新潟市 保健所管内で70歳以上の男性がレジオネラ症と診断されたという。(16日・県発表)

男性2人がレジオネラ症、北九州・京築-福岡県

2015/09/12付の西日本新聞によると、北九州市は11日、若松区の男性(83)と八幡東区の 男性(63)がレジオネラ症を発症したと発表した。83歳の男性は発熱の症状が続き、63歳の 男性は快方に向かっているという。

原城温泉真砂でレジオネラ菌検出、浴場は当面休業-長崎県

2015/09/06付の長崎新聞によると、南島原市は5日、南有馬町の温泉宿泊施設「原城温泉真砂」 の大浴場で基準値を超えるレジオネラ菌を検出したと発表した。施設内の大小両浴場を当面休業 するという。 指定管理者の原城振興公社によると、定期検査で大浴場の浴槽から基準値の81倍にあたる菌を 4日に検出。点検や消毒などを経て、県南保健所が安全を確認した後、営業を再開するという。

老人施設の浴槽からレジオネラ菌-埼玉県

2015/09/05付の朝日新聞によると、三郷市は4日、市立戸ケ崎老人福祉センターの男性用 浴槽から県の基準値をわずかに超えるレジオネラ菌が検出されたと発表した。3日から男女 浴室の利用を中止しており、今後は配管を洗浄・消毒し、再検査する方針だという。

行田の市総合福祉会館でレジオネラ属菌検出-埼玉県

2015/08/29付の朝日新聞によると、行田市は28日、同市酒巻の市総合福祉会館「やすらぎの里」 のジェットバスから国の基準値を超えるレジオネラ属菌が検出されたと発表した。同日から、ジェット バスを含む機能回復訓練用プールの利用を中止したという。 市福祉課によると、18日の定期検査で採取した水から基準値の96倍の菌が検出され、設備の洗浄 や除菌などを行うという。

新見の温泉施設でレジオネラ菌検出-岡山県

2015/08/29付の大阪読売新聞によると、新見市は28日、市所有の温泉施設「グリーン ミュージアム神郷温泉」の女性用露天風呂からレジオネラ菌が検出されたと発表した。 現在、配管が同じ男女露天風呂の営業を休止しているという。 市によると、県備北保健所が17日、女性用の露天風呂と内風呂の水質を検査すると、 露天風呂からレジオネラ菌が検出されたという。