レジオネラニュース

3人がレジオネラ症-新潟県

2015/10/01付の新潟日報によると、21日に新発田地域振興局管内の医療機関で 60代男性、22日に新潟市保健所管内で40代男性、24日に新潟市保健所管内で 70歳以上の女性がレジオネラ症と診断されたという。

レジオネラ菌を検出-埼玉県

2015/11/27付の東京読売新聞によると、さいたま市は26日、市老人福祉センター「馬宮荘」の男性 用風呂から、国の基準を超えるレジオネラ菌が検出されたと発表した。 市高齢福祉課によると、今月10日の定期検査で基準を超える菌が検出された。検査結果は25日に わかり利用を禁止したが、延べ約2200人が入浴。26日現在、健康被害は確認されていないという。

佐渡のホテル浴槽からレジオネラ属菌-新潟県

2015/11/25付の新潟日報によると、県は24日、佐渡市の「ホテル万長」の女性用露天風呂からレジ オネラ属菌が検出されたと発表した。10月下旬に利用した女性が下痢や発熱などを訴えたが、因果 関係は不明という。 県によると、この女性客が医療機関でレジオネラ症と診断されたことを受け、佐渡保健所が立ち入り 検査をして検出。ホテルは24日から安全が確認できるまで、男女露天風呂の使用を中止したという。

温泉県で年間最多レジオネラ症、衛生環境研究所注意呼び掛け-群馬県

2015/11/19付の東京新聞(群馬版)によると、レジオネラ症の県内感染者数が11月中旬現在で 35人に上り、1999年の調査開始以降で既に年間最多となっていることが県衛生環境研究所の 調査で分かった。研究所は県医師会にこの事態を報告し、「温泉県」の県内で入浴施設が増加 する中、注意を呼び掛けているという。

笛吹レジオネラ菌基準の2倍、温泉施設の営業休止-山梨県

2015/11/15付の山梨日日新聞によると、笛吹市市営温泉施設「山ゆりの湯」が、浴槽から国の基準 値の2倍に当たるレジオネラ菌が検出されたため、13日から休業している。 指定管理者である市社会福祉協議会によると、定例の水質調査の結果、女湯の室内浴槽から100ml 当たり10個未満の基準値に対し20個のレジオネラ菌を検出。理由は不明で、男湯の浴槽は基準値内 だった。今後、峡東保健所の指導を受けて浴槽などの清掃作業をするという。

患者数最悪ペース、県内レジオネラ症今年38人-富山県

2015/11/14付の北日本新聞によると、今年県内で報告されたレジオネラ症の患者が1日現在 38人になり、過去10年で最多だった2013年の39人を超す勢いだという。 患者の8割が50歳以上の男性だが、その理由は不明。県衛生研究所によると、県内は05年に 11人だったが、近年は30人ほどで推移。例年11〜12月には計5人前後の報告があるため今年 は最多を更新する可能性が高まっているという。

生駒山麓公園でレジオネラ菌検出-奈良県

2015/10/31付の朝日新聞によると、生駒市は30日、生駒山麓公園のふれあいセンターにある 男子浴槽から、国の基準を超えるレジオネラ菌が検出されたと発表した。 市によると、29日の定期検査で浴槽の水から国の基準値を上回るレジオネラ菌が露天ぶろで 160個、打たせ湯で10個検出された。男女の浴場の利用を中止し、浴槽を塩素消毒していると いう。

西蒲区の温泉施設からレジオネラ菌

2015/10/17付の新潟日報によると、新潟市は16日、西蒲区の日帰り温泉施設「新潟市岩室 健康増進センター(よりなれ)」の露天風呂の浴槽からレジオネラ菌が検出されたと発表した。 市によると、7日に露天風呂の水質検査を行い15日に結果が判明した。16日から温泉施設を 休止した上で浴槽の清掃や消毒などをするという。

上越の温浴施設でレジオネラ菌-新潟県

2015/10/15付の新潟日報によると、上越市は14日、浦川原区の市営温浴施設「浦川原 霧ケ岳温泉ゆあみ」の男湯浴槽からレジオネラ属菌が検出されたと発表した。14日現在、 健康被害の報告はないという。 市によると、6日に水質検査のを行い、14日に結果が判明。14日から温泉施設を休止し、 清掃、消毒などをするという。