レジオネラニュース

社会短信−大町の温泉宿泊施設でレジオネラ菌検出−長野県

2020/07/16付の信濃毎日新聞によると、大町市などは15日、市有温泉宿泊施設「ぽかぽかランド美麻」で国の基準値を上回るレジオネラ菌を検出し、同日から浴槽の利用を中止したと発表した。市や指定管理者によると、レジオネラ菌を検出した他施設の利用者がぽかぽかランドも利用していたとして、県大町保健所が6日に浴槽の水を採取し、15日に検査結果が出た。

レジオネラニュース

感染症情報−愛媛県

2020/07/11付の愛媛新聞によると、6月15〜21日の県感染症情報では、レジオネラ症1例(50代男性)が報告された。

レジオネラニュース

感染症情報−熊本県

2020/07/03付の熊本日日新聞によると、6月22〜28日の県感染症情報では、レジオネラ症1人が報告された。

レジオネラニュース

温浴施設からレジオネラ菌−広島市

2020/06/30付の中国新聞によると、広島市は29日、浴場で国の基準を上回るレジオネラ菌が検出されたとして、市の温浴施設「クアハウス湯の山」(湯来町)を同日から臨時休館とした。市によると、半年に1回の定期水質検査で29日、4カ所の浴槽の湯から100ml
当たり10〜80個を検出し、10個未満とする国の基準を超えた。
再開は、配管や浴槽を洗浄して再度検査し、安全性を確認した後になるとしている。

レジオネラニュース

「港の湯」が臨時休業 レジオネラ菌基準超 由利本荘市・道の駅岩城−秋田県

2020/06/26付の秋田魁新報によると、由利本荘市は25日、道の駅岩城にある市有温泉施設「岩城温泉港の湯」で、国の基準を超えるレジオネラ菌が検出されたと発表した。26日から臨時休業し、浴場の消毒や再検査を行う。
市観光振興課などによると、男子浴場のジェットバスから基準値の130倍、女子浴場の大浴槽から13倍、ジェットバスから4倍の菌が検出された。男子浴場のジェットバスで基準値を大幅に超えたのは、薬剤を注入する機器の不具合が原因だという。

レジオネラニュース

潟上市・昭和プラザの湯レジオネラ菌検出19日から臨時休業−秋田県

2020/06/25付の秋田魁新報によると、潟上市は24日、昭和大久保の市有入浴施設「昭和プラザの湯」の浴場から国の基準値を上回るレジオネラ菌が検出されたと発表した。19日から臨時休業し消毒や再検査を進めている。運営は市が地元の社会福祉法人に業務委託している。市長寿社会課によると、年1回の定期水質検査の結果、男女両方の浴場から最大で基準値の12倍の菌が検出された。19日に報告があり、同日夕方から臨時休業をしている。

レジオネラニュース

レジオネラ属菌福祉施設で検出、雲仙−長崎県

2020/06/24付の西部読売新聞によると、雲仙市は23日、市社会福祉協議会が指定管理者の高齢者福祉施設「雲仙市小浜老人福祉センター」(小浜町)の女性用浴室の浴槽水から、基準値を超えるレジオネラ属菌が検出されたと発表した。22日午後から男女浴室の利用を中止している。市によると、自主検査で12日に採水し、22日に基準値を上回るレジオネラ属菌が検出されたと連絡があった。12日以降、延べ256人が浴室を利用しているが、感染の連絡はないという。

レジオネラニュース

基準超のレジオネラ菌、温泉2施設臨時休業 由利本荘市−秋田県

2020/06/19付の秋田魁新報によると、由利本荘市は18日、市有温泉施設の「鶴舞温泉」と「ぱいんすぱ新山」で、国の基準を超えるレジオネラ菌が検出されたと発表した。19日から臨時休業し浴場の消毒や再検査を行う。
市観光振興課によると、今月11日の定期水質検査の結果、鶴舞温泉の女子浴場から基準値の最大30倍の菌が検出され、ぱいんすぱ新山でも女子浴場から基準値の最大15倍の菌を検出した。市は18日、保健所の要請に基づき営業自粛を決めた。

レジオネラニュース

レジオネラ肺炎:市原の女性死亡−千葉県

2020/06/11付の毎日新聞地方版によると、県は10日、市原市の無職の女性(84)がレジオネラ肺炎で7日に死亡したと発表した。県内では2020年に30人がレジオネラ症に感染しているが死者は初めて。県疾病対策課によると、女性は老人ホームに入所しており、5月26日から体調を崩していた。同28日に受診したところ発熱や肺炎が確認され、症状が改善しないまま6月7日に亡くなった。

レジオネラニュース

県感染症情報−愛媛県

2020/04/25付の愛媛新聞によると、4月6日〜19日の件感染症情報によると、レジオネラ症1例(70代男性)が報告された。