シティスパてんくう、3浴槽からレジオネラ基準の100倍、営業休止−大分県

2022/06/20付の毎日新聞地方版によると、JR大分シティは19日、大分駅(大分市)の商業ビルで運営する天然温泉「シティスパてんくう」の三つの浴槽から、最高で基準値の100倍に達するレジオネラ属菌が検出されたと発表した。18日夕から営業を中止している。検出されたのは女性内湯、男性内湯、女性露天。8日に採取した浴槽水から確認された。このうち女性内湯で基準値の100倍のレジオネラ属菌を検出した。
記事掲載誌 毎日新聞地方版 掲載日 2022年6月20日 記事番号 1674