玉乃湯の浴槽からレジオネラ菌検出、陸前高田−岩手県

2022/06/11付の岩手日報によると、陸前高田市は10日、竹駒町の温浴施設・霊泉玉乃湯の浴槽から基準値を超えるレジオネラ属菌が検出されたと発表した。9日から営業を自粛している。 年2回行う定期検査で基準値を超え、大浴槽から2万6千CFU、小浴槽から3万2千CFUを検出した。大船渡市の民間会社ロッツが指定管理者となっている。
記事掲載誌 岩手日報 掲載日 2022年6月11日 記事番号 1673