指宿白水館でレジオネラ菌/温泉の営業休止−鹿児島県

2022/06/06付の南日本新聞によると、指宿市の指宿白水館は5日、男性浴場でレジオネラ属菌が確認されたと発表した。6日から全ての温泉施設の営業を休止し、消毒や清掃、検査で安全を確保する。 同館によると、5月下旬、宿泊客の男性1人が感染疑いで入院しているとの連絡があり、 加世田保健所が男性浴場で基準値を上回るレジオネラ属菌を検出し、4日に同館に知らせた。男性の感染疑いが分かって以降、男性浴場や砂蒸し温泉の使用を休止している。
記事掲載誌 南日本新聞 掲載日 2022年6月6日 記事番号 1670