南区の入浴施設でレジオネラ菌検出、2日間の営業停止−愛知県

2022/06/03付の中日新聞によると、名古屋市は2日、浴槽の湯から基準値を超すレジオネラ菌が検出されたとして、同市南区の公衆浴場「名古屋スパリゾート湯〜とぴあ宝」に同日から2日間の営業停止命令を出した。 4月末に利用した80代男性が受診した医療機関から5月16日にレジオネラ症発生届が市保健所に提出された。市保健所は同27日に浴槽の湯を検査し、基準値を超すレジオネラ菌を検出。患者から検出された菌と遺伝子パターンが一致、市はこの浴場が感染源と判断した。
記事掲載誌 中日新聞 掲載日 2022年6月3日 記事番号 1669