雲南・桂荘の温泉レジオネラ菌検出-島根県

2022/05/14付の山陰中央新報によると、雲南市は13日、市大東町農村環境改善センター(桂荘)の男湯と女湯それぞれでレジオネラ菌が検出されたと発表した。12日から当面休館し、浴場の清掃や消毒を行う。 桂荘は雲南市が設置した日帰り温泉入浴施設で、地域自主組織「海潮地区振興会」が運営。4月30日に行った水質検査で、レジオネラ菌が含まれていることが12日分かった。
記事掲載誌 山陰中央新報 掲載日 2022年5月14日 記事番号 1662