70代男性がレジオネラ菌感染/薩摩川内市「隈之城温泉」営業停止-鹿児島県

2022/04/20付の南日本新聞によると、鹿児島県は19日、温泉の浴槽水から基準値を上回るレジオネラ属菌が検出されたとして、薩摩川内市の温泉施設「隈之城温泉」に営業停止命令を出したと発表した。施設を利用した同市の70代男性が菌に感染し肺炎で入院した。 県によると、医療機関からの届け出を受け川薩保健所が4日に立ち入り調査を行い、大浴場の丸形大浴場から基準値の35倍の菌を検出した。男性から検出された菌と遺伝子型が一致した。施設は5日から営業を自粛している。
記事掲載誌 南日本新聞 掲載日 2022年4月20日 記事番号 1653