「秋田テルサ」の浴槽からレジオネラ菌検出、基準の59倍-秋田県

2022/03/19付の秋田魁新報によると、秋田市は18日、同市御所野の市有施設「秋田テルサ」の男子浴室の浴槽から、国の基準値を超えるレジオネラ菌が検出されたと発表した。男子浴室は18日午前から利用を休止している。 市産業企画課によると、10日の定期検査の結果、18日に、男子浴槽水から基準の59倍のレジオネラ菌が検出されたことが分かった。19日に男子浴室を消毒、22日に再検査し、基準値を下回れば利用を再開する。
記事掲載誌 秋田魁新報 掲載日 2022年3月19日 記事番号 1649