レジオネラ属菌検出-滋賀県

2021/12/21付の大阪読売新聞によると、草津市は20日、市立なごみの郷(志那町)の温浴施設から基準を超えるレジオネラ属菌が検出されたと発表した。既に17日から使用を休止しており、再開時期は未定。市によると、入浴剤などを使う浴槽「イベント湯」で今月7日に採取した湯から16日に検出された。保健所の指導で消毒などを進める。
記事掲載誌 大阪読売新聞 掲載日 2021年12月21日 記事番号 1637