高齢者施設大浴場レジオネラ菌検出/諫早市上山荘南館−長崎県

2021/11/13付の長崎新聞によると、諫早市は12日、市上山荘南館の女性用大浴場で基準値を超えるレジオネラ菌を検出したと発表した。再検査で安全が確認されるまで、男女の大浴場の利用を休止する。 市によると、今月2日の定期水質検査で100ml当たり10個のレジオネラ菌が検出された。今後、大浴場の配管などを消毒する。市社会福祉協議会が指定管理者になっている。
記事掲載誌 長崎新聞 掲載日 2021年11月13日 記事番号 1630