基準値超の菌検出、浴場の使用を停止/加津佐総合福祉センター−長崎県

2021/10/09付の長崎新聞によると、南島原市は8日、市加津佐総合福祉センターの浴場で基準値を超えるレジオネラ菌を検出したと発表した。 定期水質検査で、男性用の一部浴槽から100ミリリットル当たり10個のレジオネラ菌が検出された。再検査結果は今月中旬ごろ出る見込み。
記事掲載誌 長崎新聞 掲載日 2021年10月9日 記事番号 1622