温泉施設でレジオネラ−秋田県

2021/09/03付の東京読売新聞によると、横手市は1日、市の温泉宿泊施設「さくら荘」の男風呂の浴槽水から基準値を超えるレジオネラ属菌が検出されたと発表した。 市によると、8月上旬からポンプ室の滅菌器に不具合があり、交換工事までの対応として温泉湧出口に固形塩素剤を入れた容器を置いたが、入浴客が容器を移動してしまったという。 横手保健所の検査で判明し、8月26日に市に連絡があった。今月21日まで入浴の営業を取りやめる予定。
記事掲載誌 東京読売新聞 掲載日 2021年9月3日 記事番号 1613