鶴岡市やまぶし温泉ゆぽかでレジオネラ菌を検出−山形県

2021/08/04付の山形新聞によると、鶴岡市は3日、やまぶし温泉ゆぽかの男子内湯から基準値を超えるレジオネラ属菌が検出されたため、入浴営業を当面自粛すると発表した。レジオネラ症を発症した男性1人が同施設を利用していたことから、県庄内保健所が先月27日に行った水質検査の結果、判明した。 市羽黒庁舎産業建設課によると、患者は男性1人のみで、同施設で検出されたレジオネラ属菌との因果関係は不明。再発防止策と浴場全体の衛生管理の再点検を進める。
記事掲載誌 山形新聞 掲載日 2021年8月4日 記事番号 1604