湯山温泉元湯からレジオネラ菌検出、水上村−熊本県

2021/07/29付の熊本日日新聞によると、水上村は28日、村社会福祉協議会が管理・運営する「湯山温泉元湯」で、基準を上回るレジオネラ菌が検出されたと発表した。 村によると、同施設は掛け流しで、16日の検査で男女計四つある浴槽のうち三つから、県の基準値を上回る10〜30個体が検出された。業者が27日、村に報告した。 村と村社協は28日から当面の間臨時休館を決め、浴槽や配管、タンクの消毒・清掃をする。
記事掲載誌 熊本日日新聞 掲載日 2021年7月29日 記事番号 1601