道の駅職員がレジオネラ肺炎 沼津−静岡県

2021/05/20付の静岡新聞によると、沼津市は19日、市が運営する「道の駅くるら戸田」(同市戸田)の施設職員1人がレジオネラ肺炎を発症したと発表した。市は同日から当面の間、施設を閉鎖する。くるら戸田は温泉施設を備えているため、県東部保健所が20日に温泉水を採取するなどして調査する予定。
記事掲載誌 静岡新聞 掲載日 2021年5月20日 記事番号 1582