日本初※となるレジオネラ属菌検査(培養法)のISO/IEC17025認定を取得しました

2021/03/12

 

アクアス株式会社は、試験所・校正機関の国際規格であるISO/IEC17025:2017の認定を取得しました。レジオネラ属菌検査(培養法)での同規格の認定は日本初※となります。

ISO/IEC17025:2017は試験所・校正機関が正確な測定、校正結果を生み出す能力があるかを、第三者認定機関が認定する国際規格です。この認定によってアクアスが提供するレジオネラ属菌検査(培養法)の検査結果が公平で、信頼できることが国際的に認められたこととなります。

アクアスは人工環境水のレジオネラ対策のパイオニアとして、1982年に民間では日本初となるレジオネラ属菌検査を開始し、これまでに実施したレジオネラ属菌検査の検体数は40万本以上となりました。現在では年間約30000検体の検査実績があります。PHE(Public Health England)の検査精度プログラムに長年にわたり参加し、レジオネラ属菌の検査精度の維持向上に努めています。

適用規格:ISO/IEC17025:2017
認定試験所の名称:アクアス株式会社 つくば総合研究所
認定範囲:環境水のレジオネラ属菌検査(培養法)
認定機関:PJLA(ペリージョンソン ラボラトリー アクレディテーション インク)

※2021年3月4日現在、アクアス調べ


新着情報カテゴリーの記事