基準値の約100倍レジオネラ検出、JR大分駅ビル温浴施設−大分県

2021/01/21付の朝日新聞によると、JR大分駅ビルを運営するJR大分シティは19日、ビル内の温浴施設「シティスパてんくう」の男性内湯から、基準値の約100倍のレジオネラ属菌が検出されたと発表した。 JR大分シティによると、7日の定期検査の結果、検査機関から18日に基準値を大きく超えるレジオネラ属菌の検出が報告された。
記事掲載誌 朝日新聞 掲載日 2021年1月21日 記事番号 1565