生徒寮浴槽からレジオネラ属菌/五ケ瀬中等−宮崎県

2020/12/29付の宮崎日日新聞によると、県教委は28日、五ケ瀬町の五ケ瀬中等教育学校生徒寮の浴槽からレジオネラ属菌が検出されたと発表した。 県教委スポーツ振興課によると、18日の定期検査で、男子生徒123人が利用する浴槽の水を採取。28日、民間の検査機関から、浴槽水から国の基準を超える菌が検出されたと報告があった。浴槽は24日まで生徒が利用。25日から冬休みで、全員が帰省している。原因は調査中で、今後、業者による消毒などを行うという。
記事掲載誌 宮崎日日新聞 掲載日 2020年12月29日 記事番号 1563