四日市の入浴施設で基準超レジオネラ菌、当面休館に−三重県

2020/11/07付の中日新聞(三重版)によると、四日市市は6日、西坂部町の「四日市市西老人福祉センター」内の入浴施設から、基準の3倍を超えるレジオネラ菌が検出されたと発表した。基準を上回ったのは男湯。センター内の全施設を当面の間休館する。定期的に実施する水質検査で6日に判明した。
記事掲載誌 中日新聞(三重版) 掲載日 2020年11月7日 記事番号 1552