レジオネラ肺炎で野田の76歳死亡、感染経路不明−千葉県

2020/10/28付の千葉日報によると、千葉県は27日、野田市の無職の男性(76)がレジオネラ菌による肺炎にかかり、同市内の病院で死亡したと発表した。感染経路は不明。 県疾病対策課によると、男性は23日早朝に救急搬送され入院した。26日にレジオネラ菌による症状と判明したが、27日に亡くなった。新型コロナウイルスの検査では陰性だった。 県によると、男性は公衆浴場の利用歴がなく、自宅に加湿器も設置していなかった。
記事掲載誌 千葉日報 掲載日 2020年10月28日 記事番号 1545