福祉施設内の浴室からレジオネラ菌検出、宇城市-熊本県

2020/03/07付の熊本日日新聞によると、宇城市は6日、小川町の小川総合福祉センター内の浴室から国の基準を上回るレジオネラ菌が検出されたと発表した。 2月13日の水質検査の結果、男湯から基準値を上回る20個体が検出されたことが3月4日に判明した。検査日以降32人が利用していたが、体調不良などの報告はないという。
記事掲載誌 熊本日日新聞 掲載日 2020年3月7日 記事番号 1505