レジオネラ菌基準値超え、もみじ川温泉でも浴場営業休止-徳島県

2020/03/06付の徳島新聞によると、那賀町大久保のもみじ川温泉の浴槽から、国が定めた 基準値を超えるレジオネラ菌が検出された。施設は5日から浴場の営業を休止した。 指定管理者のケーブルテレビあなん(阿南市)によると、2月21日に採取した浴槽の水から 基準値を上回る20CFUのレジオネラ菌が検出された。浴槽や配管の洗浄を行い、再発防止に努めるとしている。
記事掲載誌 徳島新聞 掲載日 2020年3月6日 記事番号 1503