レジオネラ菌基準超え、「美濃田の湯」営業休止、張り紙に検出表記せず−徳島県

2020/02/25付の徳島新聞によると、徳島自動車道・吉野川ハイウェイオアシス(東みよし町足代)の入浴施設「美濃田の湯」の浴槽から、厚生労働省の基準値を上回るレジオネラ菌が検出され、施設は17日から営業を休止している。 施設を運営する第三セクター「吉野川オアシス」によると、検出されたのは1月27日に採取した浴槽の水で、厚労省が定めた基準値を超えていた。2月17日に設備を総点検した結果、水質確保のために使う薬剤を管理する計器の一部に異常が見つかったという。 同社は施設玄関に営業休止の張り紙を掲示したが、菌の検出は明かしていなかった。
記事掲載誌 徳島新聞 掲載日 2020年2月25日 記事番号 1500