老人福祉施設からレジオネラ菌検出、浜松市、浴槽利用停止−静岡県

2020/02/22付の静岡新聞によると、浜松市は21日、同市南区増楽町の市老人福祉センター可美荘の女性浴槽で採取した水からレジオネラ菌が検出されたと発表した。22日から、男女両浴槽の利用を停止する。 市高齢者福祉課によると、13日の検査で採取した水から基準値を超える菌が検出された。男性浴槽からは検出されなかったが、市は男女とも浴場の消毒を行うという。
記事掲載誌 静岡新聞 掲載日 2020年2月22日 記事番号 1499