レジオネラ菌検出岩風呂の使用自粛、小鹿野の両神荘−埼玉県

2020/01/28日付けの埼玉新聞によると、小鹿野町は27日、町で運営している「国民宿舎両神荘」で、基準値の11倍に当たるレジオネラ属菌が検出され、24日午後6時から岩風呂の営業を自粛したと発表した。町によると、11日に浴槽水を採取し、24日午後4時に検査報告書を確認したところ、岩風呂から基準値を超えるレジオネラ属菌が検出された。 町は秩父保健所の指導を受けながら、洗浄や消毒などを実施する。
記事掲載誌 埼玉新聞 掲載日 2020年1月28日 記事番号 1496