今治の入浴施設でレジオネラ菌−愛媛県

2019/12/12付の大阪読売新聞によると、今治市は11日、ありがとうサービスが管理する市の日帰り入浴施設「鈍川せせらぎ交流館」(同市玉川町)の浴槽から国の基準値を超えるレジオネラ菌が検出されたとして、日帰り入浴の営業を休止した。発表では、10ある浴槽のうち四つから100ml当たり10個のレジオネラ菌が検出された。 施設は11月30日に改修工事を終えて再オープン。同月28日に保健所の検査を受け、今月11日に結果がわかったという。
記事掲載誌 大阪読売新聞 掲載日 2019年12月12日 記事番号 1489