レジオネラ属菌市営浴場で検出、大洲・長浜営業休止−愛媛県

2019/09/05付の愛媛新聞によると、大洲市は4日、市直営公衆浴場「長浜なぎさの湯」で国の基準値を超えるレジオネラ属菌が検出され、同日から営業を休止したと発表した。同浴場でのレジオネラ属菌検出は2018年2月以来。 定期検査の結果、淡水湯で700CFU、海水利用の潮湯で140CFUが検出された。男女浴場とも淡水湯と潮湯の浴槽があり、ボイラーは湯の種類別に共有しているという。
記事掲載誌 愛媛新聞 掲載日 2019年9月5日 記事番号 1478