社長メッセージ

逃げない姿勢で、お客様と徹底的に向き合う

 アクアスは、水処理の際に使用するプラント、装置、薬品から技術サービスまで、総合的に対応するソリューション企業です。茨城県つくば市にあるつくば総合研究所では水質の分析・検査のほか、研究や開発を行っています。その一つの成果として、たとえば水処理薬品だけでも1,000種以上の製品を開発し世に送り出してきました。

 アクアスの水処理薬品は、いわゆる添加物なんですね。なくてもなんとかなる。しかし、お客様はそれにお金を出して買ってくださる。それはなぜかというと、わたしたちの製品や技術を導入した方が全体としてコストが下がるからなんです。例えば、冷却水処理技術が、配管を腐食から守ることで修繕費が抑えられるといった面にもあらわれています。さらに、水・燃料・電力の使用量が抑えられる、機械の寿命が延びるなど、効率化や二酸化炭素削減に一役買っているといえるでしょう。B to B企業として、一般消費者のみなさんの目に留まることは少ないですが、見えないところにわたしたちの技術がしっかりと活かされているのです。

 アクアスは、「関係する人々と喜びを分かち合い、継続的発展を果たす」を経営理念とし、業務を行って参りました。その継続的発展のためには、環境の変化に対応することが重要であると考えています。「強いもの、賢いものが生き残るのではなく、変化できるものが生き残る」というダーウィンの言葉がありますが、まさにその通りです。時代を見つめる目、感じる力を養うことが経営者にも社員にも同様に求められます。

経営理念

 わたしは完璧主義者ではありませんし、社員に完璧を求めているわけでもありません。日々の業務でも、70~80%ほどの完成度があれば良しと考えます。そこに必要なのは、変化や失敗を恐れずにチャレンジすることでしょう。技術の追求はもちろん、新しいビジネスモデルの構築、新しい事業への展開など、アグレッシブに進めていきたいと思っています。

 以前、アクアスの会長に社会貢献とは何か尋ねたことがあります。会長は「お客様によろこんでいただき、信頼され、利益を生み出し、たくさんの税金を払うこと」と教えてくれました。今でもこの言葉は、企業規模の拡大という観点から、経営者としての考え方のベースになっています。売上げ100億を達成し、その後も堅実に成長しています。しかし、規模の追求は今後の課題でもあります。会社自体が大きくなれば、社会貢献のチャンスも増えると考えています。海外での事業もそれに当たります。現在は、タイにグループ会社、中国に提携会社があり、現地の施設などの水処理業務を行っています。今後は、ベトナムとミャンマーにも広げていく計画が進行中です。基本的に水処理はサービス業務のため、現地の拠点はもちろん、技術者などの人材が必要です。また、アクアスの技術を認めてくれるお客様もいらっしゃらないことには話が進みません。しかし、どの国や地域においても、アクアスらしさを貫きたいと思っています。

社長写真

next1

社長メッセージ_01

社長メッセージ_02

社長メッセージ_03