社会貢献

Make A Wish of Japan 難病と闘う子どもたちの夢を応援

夢を実現することによって生きる力や病気と戦う勇気をもってもらいたい、そして一人でも多くの笑顔と出会いたい。そんなメイク・ア・ウィッシュ オブ ジャパンの活動を支援します。

Make A Wish of Japan小さかったころ、あなたはどんな夢をもっていましたか?だれにでも夢や希望や願いごとがあります。病気だからといって我慢しないで、彼らに今をもっと楽しんでほしい。ワクワクしたり、ウキウキドキドキ、心弾ませてほしい。夢の実現をジャンプ台にして、もっともっと大きな夢を心に描いてほしい。なにより、生きている実感や希望をもってほしい・・・(メイク・ア・ウィッシュ オブ ジャパン パンフレットより抜粋)

「野生のイルカと泳ぎたい」「ウルトラマンガイアに会いたい」「新幹線つばめの運転士になりたい」「松井選手とキャッチボールをしたい」・・・一人でも多くの夢がかなうことを願い、私たちアクアスはメイク・ア・ウィッシュ オブ ジャパンの活動を支援しています。

Make A Wish of Japan の詳しい情報はこちらをご覧ください。


 

56RACING 世界のトップライダーを目指す子どもたちを応援!

モータースポーツを通して子供たちの育成支援活動を行っているレーシングチーム「56RACING」をスポンサーとして支援しています。

日本を代表するオートレースライダーだった中野真矢さんは引退後、モータースポーツを通して子供達の育成支援活動を行っています。 その活動の一つに、レーシングチーム「56RACING」があります。56RACINGにはライダーとして世界を目指す子供たちが大勢参加しています。
世界という高い目標を掲げ、日々努力している子供たちをアクアスはスポンサーとして応援します。


 

地域密着市民バレーボールチーム 長野☆GaRons の活動を応援

地域密着市民バレーボールチームとしてVリーグ参戦を目指す長野☆GaRonsをスポンサーとして支援しています。

長野☆GaRonsは地域密着市民バレーボールチームとしてVリーグ参戦を目指すと共に、地域に根ざした社会貢献活動を行っています。

活動理念は「継続力 地域密着 未来へ繋ぐ」
チーム名GaRons(ガロンズ)は須坂市の観光名所である臥(Ga)龍(Ron)公園と、Vリーグを目指す選手たちの姿を臥龍立つと捉え命名されました。長野県北信地区の伝統や文化を広く知ってもらいたいとの願いと、スポーツを通して青少年育成などの地域活動に貢献したいとの思いが込められています。

アクアスは協賛企業として長野☆GaRonsの活動を応援します。

長野☆GaRonsの詳しい情報はこちらをご覧ください。

活動報告

  • 国連UNHCR「越冬プロジェクト」を支援 国連の難民支援機関UNHCRは紛争や迫害により故郷を追われた難民・避難民を国際的に保護・支援するため、最前線で援助活動に尽力しています。 今回、UNHCRが最優先で行う援助活動の一つ、「越冬プロジェクト」を支援するため国連UNHCR協会を通して募金を行いました。(2019年1月) UNHCR感謝状
  • 特定非営利法人シャプラニールの活動を支援 特定非営利法人シャプラニールはバングラデシュやネパールを中心に、困難な状況にある子どもと女性を応援する地域に根差した活動を展開しています。2015年のネパール大地震では同国過去最悪の犠牲者数を記録する深刻な事態のなか、シャプラニールは復興支援を継続して行い、アクアスも社員による募金にて支援しました。 今回は、教育の機会や子供の権利を奪われているバングラデシュの働く少女たちを支援する活動「子どもの夢基金」に協力するため募金を行いました。(2017年5月)
  • メイク・ア・ウィッシュ オブ ジャパン主催第22回夢の島 チャリティマラソンに協賛 2016年4月16日に開催されたメイク・ア・ウィッシュ オブ ジャパン主催第22回夢の島チャリティマラソンに参加賞スポンサーとして協力しました。
  • 2016年2月7日 アクアス本社で、56RACING 2016シーズン体制プレス発表会を開催 アクアス本社で、56RACING 2016シーズン体制のプレス発表会が開催されました。 56RACING監督の中野真矢さん、56RACING埜口遥希さん、渡辺瑛貴さんとともに、ゲストとしてSP忠男 社長 鈴木忠男さんにも参加いただき、2016年 56RACINGチーム体制が正式に発表されました。 2016シーズンは昨年の2時間耐久レースに一緒にエントリーをした高校生ライダー渡辺瑛貴さん(17)を新たにレギュラーライダーとして起用し、昨年同様CBR250R Dream Cup筑波サーキットと鈴鹿サーキット大会全戦にエントリーします。昨年CBR250R CUPを戦った埜口遥希さん(14)は、新たなカテゴリー HRC NSF250R Challengeにエントリーすることが発表されました。 そして、今シーズンより2人のライダーは中野真矢さんのヘルメットと同じ、目玉のデザインを施したヘルメットを着用するとのことです。 世界を目指す若いライダーをアクアスはこれからも応援します。
  • 2015年5月16日 メイク・ア・ウィッシュ オブ ジャパン主催第21回夢の島チャリティマラソンに参加 お台場海浜公園で開催されたチャリティマラソンに参加賞スポンサーとして協力しました。 また社員9名がマラソンに参加、全員が笑顔で完走しました。最高成績は5km女子3位入賞でした。
  • 2015年4月6日 メイク・ア・ウィッシュ オブ ジャパン主催チャリティバイシクルライド 2015 in 東京に参加 メイク・ア・ウィッシュ オブ ジャパンチャリティバイシクルライド2015 in東京に参加しました。 日比谷公園をスタートし、東京都内の名所を巡りながらの22kmを完走しました。 参加費の半分が寄付となります。  
  • 2014年11月16日 メイク・ア・ウィッシュ オブ ジャパン福岡支部主催第4回チャリティ・ラン&ウォーク in うみのなかみちに協力 海の中道海浜公園で開催されたチャリティ・ランにランナーのための水を提供しました。
  • 2014年4月6日 メイク・ア・ウィッシュ オブ ジャパン主催第20回夢の島チャリティマラソンに参加 夢の島公園で開催されたチャリティマラソンに水を提供し、新入社員を中心に給水ボランティアとして協力しました。また親子マラソンに参加 した社員は笑顔で完走しました。
  • 2014年4月1日 中野真矢監督、名越哲平選手、櫻井芽依選手がアクアス本社で活動報告 アクアス(株)本社にて2013年度の活動報告が行われました。今年は名越哲平選手がチームを卒業、櫻井芽依選手と新たに中学生ライダー岡谷雄太君が加わりました。3選手から抱負が語られ、アクアス社員よりエールが贈られました。
  • 2013年11月2日 CBR250R CUP鈴鹿グランドチャンピオンシップ大会に出場 グランドチャンピオンシップの前哨戦でもある鈴鹿大会最終戦に名越哲平選手、櫻井芽依選手が参戦。当日はアクアス佐藤社長、渋川専務、中野部長らが応援に駆けつけ、レースを観戦しました。2人にとって初めての鈴鹿、哲平選手は決勝中盤トップに立つも最終シケインで接触して転倒、39位でフィニッシュ。芽依選手は自己ベストタイムを更新し19位でした。 12月1日、念願の鈴鹿グランドチャンピオンシップ大会に揃って出場した名越哲平選手、櫻井芽依選手。全国のサーキットから選ばれた強豪43台が出場したレースで、哲平選手は混戦の中、トップ集団を守り、3位表彰台を獲得。芽依選手は一時15位を走行する健闘をみせ、19位で完走しました。 世界を目指す若いライダーをアクアスはこれからも応援します。
  • 2013年8月26日 中野真矢監督、名越哲平選手、櫻井芽依選手がアクアス本社で活動報告 アクアス(株)本社にて「56RACING」活動報告会が行われました。 中野真矢監督からは最近の活動の報告と今後の抱負が語られ、続いて名越哲平、櫻井芽依両選手からもレース参戦の報告と次のレースへの決意表明が行われました。当日は、レースの臨場感を味わってもらおうと名越選手がレース用バイクで登場し、会場を賑わせました。またバイクやトロフィーなどの展示も行われました。 最後に、チームの今後の活躍にアクアス社員よりエールが贈られました。
  • 2013年5月11日 メイク・ア・ウィッシュ オブ ジャパン主催第19回夢の島チャリティマラソンに協力 夢の島公園で開催されたチャリティマラソンに、参加賞スポンサーとして協力しました。 完走証明書 メイク・ア・ウイッシュ オブ ジャパンより可愛い感謝状が届きました
  • 2013年3月2日 CBR250R CUP ROADRACE 筑波サーキットで開幕戦が行われました。今年から15歳の女子ライダーが加わり、2人のライダーで参戦する初めてのレースでしたが、2人とも素晴らしい走りを見せてくれて無事に完走。 特に、名越哲平選手は最終ラップまで優勝を争う走りで、惜しくも2位となったものの、チーム初の表彰台を飾りました。 世界を目指す若いライダーをアクアスは今年も応援します。
  • 2012年7月1日 CBR250R CUP ROADRACE 筑波サーキットで行われた CBR250R CUP ROADRACE に初参戦 した中学生の名越哲平君は予選3位、決勝6位と奮闘しました。 会場で応援をしていたアクアス社員は、「途中転倒した名越選手は諦めず、最後まで走り続け、懸命に追い上げ、コースアウト後に3台を抜いてゴールしました。ミスした後の熱く、しかし冷静な走りはとても中学生とは思えない」と感動していました。
  • 2012年4月30日 メイク・ア・ウィッシュ オブ ジャパン主催第18回夢の島チャリティマラソンに協力 夢の島公園で開催されたチャリティマラソンに、参加賞スポンサーとして協力しました。 完走証明書 メイク・ア・ウイッシュ オブ ジャパンより可愛い感謝状が届きました
  • 2009年12月12日 メイク・ア・ウィッシュ オブ ジャパン主催第4回チャリティ駅伝に参加 新横浜公園・日産フィールドで開催されたチャリティ駅伝に、水の提供と給水ボランティアとして参加しました。 水の提供をしました メイク・ア・ウイッシュ オブ ジャパンより可愛い感謝状が届きました