レジオネラ症報告件数レポート

2019年6月レジオネラ症報告件数

レジオネラ症報告件数

国立感染症研究所では、第4類感染症の報告件数をインターネットにて公開しています。
本ページでは国立感染症研究所の発表している最新データを基にデータをまとめています。

※国立感染症研究所の感染症発生動向調査 週報(IDWR)は週ごとに集計されています。
 本ページでは各月の最初の木曜日が属する週からその月が始まるように、各週のデータを月に割り当てています。

月別報告件数の推移

 1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2017年5854129829513819920015515814168
2018年56737755177224251145233238154100
2019年117897372151225

月別累計件数の推移

 1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2017年7313928937748264286610941279147516391722
2018年65159252314524785108012611537182320092130
2019年130239327413596845

PDFダウンロード

レジオネラ報告件数レポート最新版を、PDFデータでダウンロードできます。
PDFデータの閲覧にはAdobe Readerが必要です。

レジオネラニュース

県障害者リハビリセンターでレジオネラ菌−新潟県

2019/06/28付の新潟日報によると、県は27日、県障害者リハビリテーションセンター(新潟市江南区)の男性用浴槽から、基準値を超えるレジオネラ菌が検出されたと発表した。
県によると、11日の自主検査の結果が24日に判明し、浴室の使用を中止した。

レジオネラニュース

レジオネラ検出で入浴営業を休止、横手の市営温泉施設−秋田県

2019/06/25付の朝日新聞によると、横手市の市営温泉施設「ゆとりおん大雄」の浴槽から基準を超えるレジオネラ菌が検出され、入浴営業を21日午後から休止していることがわかった。横手保健所の年1回の立ち入り検査で、男湯にあるふたつの浴槽で基準値を超える結果が判明した。市は不検出となるまで、入浴を休止する。

レジオネラニュース

基準超すレジオネラ菌−千葉県

2019/06/22付の東京読売新聞によると、習志野市は21日、高齢者福祉センター「芙蓉園」の男性浴場から基準値を超えるレジオネラ菌が検出されたと発表した。
市高齢者支援課によると、指定管理者の社会福祉法人が2か月に1回実施している水質検査で判明した。同園は男性浴場の利用を当面停止し、配管などを消毒するという。

レジオネラニュース

またレジオネラ菌、富士宮の施設休業−静岡県

2019/06/01付の静岡新聞によると、富士宮市は31日、新稲子川温泉ユー・トリオでレジオネラ属菌が検出されたことを受け、同日から当面の間施設を休業すると発表した。
同施設では1月に同菌が検出され、一時休業していた。源泉からの送水管を洗浄・消毒し、4月末に営業を再開したが、水質検査の結果、再び菌を検出した。原因を調査して対応するという。

レジオネラニュース

施設の浴場レジオネラ菌、営業中止−大分県

2019/05/22付の朝日新聞によると、中津市は20日、市の宿泊・研修施設「八面山荘」の浴場から基準値の3倍のレジオネラ菌が検出されたと発表した。施設は同日から営業を中止した。健康被害の報告はないという。

レジオネラニュース

感染症情報−熊本県

2019/05/17付の熊本日日新聞によると、6〜12日の県感染症情報によると、レジオネラ症が3人、報告された。