レジオネラニュース

最上の施設からレジオネラ属菌基準値の最大170倍-山形県

2019/02/23付の東京読売新聞によると、最上町は21日、医療・福祉・保健の複合施設「ウェルネスプラザ」にある5施設の浴槽から、最大で基準値の170倍のレジオネラ属菌が検出されたと発表した。
検出されたのは高齢者総合福祉センター、町立最上病院、高齢者生活福祉センター陽だまりの家、介護老人保健施設やすらぎ、グループホームやすらぎの家の浴槽12か所。県理化学分析センターが5日に水質検査を行い、170~11倍のレジオネラ属菌の検出が19日に判明したという。

レジオネラニュース

南魚沼市の温泉施設でレジオネラ属菌など基準超-新潟県

2019/02/23付の朝日新聞によると、南魚沼市は22日、島新田の日帰り温泉施設「金城の里」で基準を超えるレジオネラ属菌と大腸菌群が検出されたと発表した。施設は同日から休館した。市によると、利用者から「臭いがする」と連絡を受けた保健所の指示で水質検査を実施したところ、基準超過が判明。施設は市が設置し、指定管理者が運営している。

レジオネラニュース

源泉からレジオネラ菌-青森県

2019/02/15付の朝日新聞によると、むつ市は14日、大畑町にある温泉施設「市老人福祉センター」の源泉からレジオネラ菌が検出されたことから、当面、臨時休業とすると発表した。2月4日に実施した定期検査の結果が14日に届き、菌検出がわかったという。

レジオネラニュース

はぼろ温泉浴槽水レジオネラ菌検出、一部利用停止-北海道

2019/02/15付の北海道新聞(留萌・宗谷)によると、羽幌町は13日、はぼろ温泉サンセットプラザの大浴場の浴槽水から基準を超えるレジオネラ菌が検出されたと発表した。
町によると、1月29日に女湯の主浴槽から採取した湯から基準値の2倍のレジオネラ菌が検出され、男湯の主浴槽も同じ配管を使っているため、男女とも利用を停止、また打たせ湯は飛沫感染防止の観点から止めたという。

レジオネラニュース

伊豆市の福祉施設レジオネラ菌検出-静岡県

2019/02/08付の静岡新聞によると、伊豆市は7日までに、市営温泉付き高齢者福祉施設「修善寺老人憩の家」の浴槽などから基準値を超えるレジオネラ属菌が検出されたと発表した。1月24日の定期水質検査の結果、貯湯槽と男女浴槽から検出されたことが31日に判明。市は洗浄や消毒作業を行い、安全性を確認次第、再開する予定という。

レジオネラニュース

高齢者施設からレジオネラ菌、浜松市浴槽利用停止-静岡県

2019/02/06付の静岡新聞によると、浜松市は5日、市老人福祉センター竜西荘の男性浴槽で採取した水からレジオネラ属菌が検出されたため、同日から男女両方の浴槽利用を停止したと発表した。同施設の指定管理者は食品会社「ヤタロー」。市によると、1月24日に採取した水から基準値を超える菌が検出されたという。