社会貢献

国連UNHCR「越冬プロジェクト」を支援

国連の難民支援機関UNHCRは紛争や迫害により故郷を追われた難民・避難民を国際的に保護・支援するため、最前線で援助活動に尽力しています。
今回、UNHCRが最優先で行う援助活動の一つ、「越冬プロジェクト」を支援するため国連UNHCR協会を通して募金を行いました。(2019年1月)

UNHCR感謝状

社会貢献

特定非営利法人シャプラニールの活動を支援

特定非営利法人シャプラニールはバングラデシュやネパールを中心に、困難な状況にある子どもと女性を応援する地域に根差した活動を展開しています。2015年のネパール大地震では同国過去最悪の犠牲者数を記録する深刻な事態のなか、シャプラニールは復興支援を継続して行い、アクアスも社員による募金にて支援しました。
今回は、教育の機会や子供の権利を奪われているバングラデシュの働く少女たちを支援する活動「子どもの夢基金」に協力するため募金を行いました。(2017年5月)

レジオネラニュース

レジオネラ菌基準値の4倍「石割の湯」営業中止 山中湖-山梨県

2019/01/26付の山梨日日新聞によると、山中湖村平野の温泉施設「石割の湯」の浴槽から、国の基準値を上回るレジオネラ菌が検出されたとして、村は25日、営業を中止した。
村観光課によると、今月11日に定例の水質検査を行い、25日、男風呂の浴槽一つから基準値の4倍のレジオネラ菌が検出された。同施設は湯を循環して使用しているといい、村は浴槽や配管などを洗浄し、再検査するという。

レジオネラニュース

弄月館の浴室当面利用中止レジオネラ属菌検出-北海道

2019/01/23付の北海道新聞(室蘭・胆振)によると、温泉を備える伊達市の多目的施設「弄月館」で浴室から基準値を超えるレジオネラ属菌が検出され、市は22日から浴室の利用を休止した。
市によると、基準値を超える菌は年1回の水質検査で21日に発覚。利用再開日は未定で、10日以上かかる見込みという。

レジオネラニュース

施設内にレジオネラ菌-長崎県

2019/01/17付の朝日新聞によると、南島原市は16日、布津福祉センター「湯楽里」の一部の浴槽からレジオネラ菌が検出されたと発表した。市によると、今月8日、県南保健所から同施設の利用者によるレジオネラ菌感染者が出たとの連絡があった。
水質検査の結果、11カ所の浴槽のうち4カ所から基準値を超える菌が検出されたという。同施設は8日夕から温泉施設の営業を停止している。

新着情報

芙蓉化学工業株式会社、有限会社サンメイクスの吸収合併のお知らせ

アクアス株式会社の子会社である芙蓉化学工業株式会社と有限会社サンメイクスを、2019年4月1日をもってアクアス株式会社に吸収合併いたします。今回の合併によりすべての事業をアクアス株式会社に一本化し、経営資源の統合と効率化およびさらなる事業価値の向上を図ります。

お客様との窓口をワンストップとし、より充実したサービスが提供できるよう努めてまいります。

 

  • 芙蓉化学工業株式会社

・本社所在地:東京都目黒区

・資本金:20百万円

・設立年:1951年

 

  • 有限会社サンメイクス

・本社所在地:東京都目黒区

・資本金:5百万円

・設立年:1998年