レジオネラニュース

掛川の温泉施設でレジオネラ菌検出-静岡県

2018/06/30付の 静岡新聞によると、掛川市は29日、第三セクターが運営する居尻の温泉施設「ならここの湯」で男湯のかけ湯槽から基準の約8倍のレジオネラ菌が検出されたとして、同日から当分の営業休止を決めた。年2回の定期点検で検出した。

同施設によると、殺菌の手順に問題があった可能性があり、消毒や配管清掃をした上で再検査する。7月9日ごろ検査結果が出るという。

レジオネラニュース

プールからレジオネラ菌検出-神奈川県

2018/06/28付の神奈川新聞によると、川崎市は27日、市多摩スポーツセンター(多摩区)のジャグジープールから、基準値を超えるレジオネラ菌が検出されたと発表した。

区衛生課が20日に採水して検査した結果、基準値の7倍のレジオネラ菌が検出された。市は安全性が確保されるまでジャグジープールの使用を中止とした。

レジオネラニュース

レジオネラ菌検出、浴場の営業自粛日置市の「ゆすいん」-鹿児島県

2018/06/12付の南日本新聞によると、日置市は11日、伊集院健康づくり複合施設「ゆすいん」の浴場から基準値の7倍のレジオネラ属菌が検出されたと発表した。浴場は8日夕から営業を自粛している。指定管理業者の日章は男女浴場と貯湯タンクの計3カ所で、毎月1回自主検査を実施。6月の検査で男性浴場からレジオネラ属菌が検出された。

レジオネラニュース

プールにレジオネラ菌、斜里町教委5月6日から閉鎖-北海道

2018/06/09付の北海道新聞によると、斜里町B&G海洋センタープールで国の衛生基準を超えるレジオネラ菌が検出され、町教委が5月6日から施設を閉鎖している。

5月1~5日に利用した24人のうち、小学生から高校生までの15人がせきや腹痛などの症状を訴え、水質検査を行ったところ温泉水のタンク内とプールの水のろ過器で国の基準を上回る10個のレジオネラ菌が検出された。町は利用者23人に感染検査を行ったがレジオネラ菌は検出されなかった。症状を訴えた15人は全員回復しているという。

レジオネラニュース

浴槽の水からレジオネラ菌、指宿・砂むし会館-鹿児島県

2018/05/30付の朝日新聞によると、指宿市は29日、市営の砂むし会館「砂楽」の浴槽の水からレジオネラ菌が検出され、同日から営業を自粛すると発表した。

市によると、砂楽を利用した県外の男性が13日に発熱などの症状を訴えて入院。県が22日に浴槽や水風呂など7カ所を調べた結果、3カ所でレジオネラ菌が検出された。男性の発症との因果関係は確認されていないが、安全確保のために自粛を決めたという。

レジオネラニュース

伊豆の国市営温泉レジオネラ菌検出-静岡県

2018/05/29付の静岡新聞によると、伊豆の国市は25日から、市営温泉施設「高齢者温泉交流館」の温泉タンクから基準値を超えるレジオネラ菌が検出されたとして施設を休館している。浴槽からは検出されなかった。今月中旬に水質検査を行い、24日に結果が判明した。

レジオネラニュース

堺市のスポーツ施設の浴槽からレジオネラ菌-大阪府

2018/05/17付の朝日新聞によると、堺市は16日、市立美原総合スポーツセンターの男性用浴槽で、基準値の290倍のレジオネラ菌が検出された、と発表した。市は再検査で安全が確認されるまで、男女とも浴槽の利用を停止する。

レジオネラニュース

前橋市営温泉施設でレジオネラ属菌検出-群馬県

2018/05/17付の東京読売新聞によると、前橋市は16日、市営温泉施設「荻窪温泉あいのやまの湯」からレジオネラ属菌が検出され、同施設の営業を当面、自粛すると発表した。

市保健所によると、4月に同施設を利用した70歳代の男性がレジオネラ属菌が原因とみられる肺炎を発症。入院先の病院が市保健所に届け出た。調査をした結果、採取した内湯からレジオネラ属菌が検出された。男性が発症した肺炎との関連を調べている。

レジオネラニュース

レジオネラ菌がまた基準値超え 浜田の宿泊施設-島根県

2018/05/17付の中国新聞によると、浜田市は16日、弥栄町の宿泊施設「ふるさと体験村」の女性大浴場から基準値の6倍を超すレジオネラ菌が検出されたと発表、17日から営業を中止する。

体験村でレジオネラ菌が検出されるのは2012年9月、昨年3月、6月に次いで4回目。浴場は煙突の故障で2月下旬から休業しており、4月28日に営業を再開したばかりだったという。