2016年2月7日 アクアス本社で、56RACING 2016シーズン体制プレス発表会を開催

アクアス本社で、56RACING 2016シーズン体制のプレス発表会が開催されました。

56RACING監督の中野真矢さん、56RACING埜口遥希さん、渡辺瑛貴さんとともに、ゲストとしてSP忠男 社長 鈴木忠男さんにも参加いただき、2016年 56RACINGチーム体制が正式に発表されました。
2016シーズンは昨年の2時間耐久レースに一緒にエントリーをした高校生ライダー渡辺瑛貴さん(17)を新たにレギュラーライダーとして起用し、昨年同様CBR250R Dream Cup筑波サーキットと鈴鹿サーキット大会全戦にエントリーします。昨年CBR250R CUPを戦った埜口遥希さん(14)は、新たなカテゴリー HRC NSF250R Challengeにエントリーすることが発表されました。
そして、今シーズンより2人のライダーは中野真矢さんのヘルメットと同じ、目玉のデザインを施したヘルメットを着用するとのことです。

世界を目指す若いライダーをアクアスはこれからも応援します。

56-2 123

56-2 138
56-2 140

2013年11月2日 CBR250R CUP鈴鹿グランドチャンピオンシップ大会に出場

グランドチャンピオンシップの前哨戦でもある鈴鹿大会最終戦に名越哲平選手、櫻井芽依選手が参戦。当日はアクアス佐藤社長、渋川専務、中野部長らが応援に駆けつけ、レースを観戦しました。
2人にとって初めての鈴鹿、哲平選手は決勝中盤トップに立つも最終シケインで接触して転倒、39位でフィニッシュ。芽依選手は自己ベストタイムを更新し19位でした。

12月1日、念願の鈴鹿グランドチャンピオンシップ大会に揃って出場した名越哲平選手、櫻井芽依選手。
全国のサーキットから選ばれた強豪43台が出場したレースで、哲平選手は混戦の中、トップ集団を守り、3位表彰台を獲得。芽依選手は一時15位を走行する健闘をみせ、19位で完走しました。

世界を目指す若いライダーをアクアスはこれからも応援します。

a6_01

a6_03

a6_02

a6_04

2013年8月26日 中野真矢監督、名越哲平選手、櫻井芽依選手がアクアス本社で活動報告

アクアス(株)本社にて「56RACING」活動報告会が行われました。
中野真矢監督からは最近の活動の報告と今後の抱負が語られ、続いて名越哲平、櫻井芽依両選手からもレース参戦の報告と次のレースへの決意表明が行われました。当日は、レースの臨場感を味わってもらおうと名越選手がレース用バイクで登場し、会場を賑わせました。またバイクやトロフィーなどの展示も行われました。
最後に、チームの今後の活躍にアクアス社員よりエールが贈られました。

56r_09

56r_11

56r_10

56R_12