レジオネラニュース

浜松の入浴施設レジオネラ検出-静岡県

2018/01/30付の静岡新聞によると、浜松市は29日、市龍山入浴施設「やすらぎの湯」で採取した水から基準値を超えるレジオネラ属菌が検出されたと発表した。31日から当面、入浴施設の利用を停止する。

市健康増進課によると、17日に採取した水から基準値を超える菌が検出された。市は浴場設備を洗浄した上で再度検査を行うという。

レジオネラニュース

二戸市「天台の湯」レジオネラ菌基準2~200倍超過-岩手県

2018/01/27付の岩手日報によると、二戸市の第三セクター市ふるさと振興は26日、同社が運営する宿泊入浴施設「稲庭交流センター天台の湯」の入浴施設から検出されたレジオネラ属菌が基準値を2~200倍超過していたと明らかにした。同社は23日から入浴施設の営業を自粛している。

二戸保健所が26日に水質検査の結果を通知した。同施設に宿泊した県外の60代男性がレジオネラ症による肺炎と診断されたことで16日に発覚した。

レジオネラニュース

レジオネラ菌基準値の2倍、大田の福祉施設再び検出-島根県

2018/01/25付の中国新聞によると、大田市は24日、仁摩老人福祉センターの男女の浴槽から基準値を超すレジオネラ菌が検出されたと発表、指定管理者の市社会福祉協議会に当面の営業自粛を指示した。

市によると、15日の取水検査で、女湯の浴槽から国の基準の2倍の20個、男湯からは10個のレジオネラ菌を検出した。同センターは昨年7月にレジオネラ菌を検出後、検査を経て、12月28日から営業を再開していたという。

レジオネラニュース

レジオネラ菌に感染、バス運転手2人入院-北海道

2018/01/24付の北海道新聞によると、北海道拓殖バス(十勝管内音更町)の運転手2人が1月上旬、相次いでレジオネラ菌に感染し、帯広市内の医療機関に入院していることが23日、分かった。現在も治療中で同社や帯広保健所は感染源などを調査している。

2人は肺炎症状を示し、医療機関でレジオネラ菌が検出された。保健所の調査ではバスの洗車に使っていた同社のアーチ型自動洗車機からレジオネラ菌が検出され、洗車機の使用を中止したという。

レジオネラニュース

合志市の入浴施設でレジオネラ菌検出、市福祉センター「みどり館」-熊本県

2018/01/20付の熊本日日新聞によると、合志市は19日、市福祉センター「みどり館」の入浴施設で、県の基準値を超えるレジオネラ菌が検出されたと発表した。現在、入浴施設の営業を自粛している。市によると、今月10日の水質検査で浴槽3つのうち女湯の浴槽から基準値を上回る12個体を検出したことが18日に判明、市は同日、使用を中止し、菊池保健所に報告した。

レジオネラニュース

レジオネラ菌3人感染1人が死亡、加湿器から広がる 国東の施設-大分県

2018/01/20付の毎日新聞地方版によると、県は19日、国東市の高齢者施設で男性入所者3人がレジオネラ菌による肺炎を発症、うち1人が死亡したと発表した。発症者の室内にあった加湿器2台から高濃度の菌が検出され、加湿器が集団感染の原因とみて管理に注意するよう呼びかけている。

県によると、加湿器を調べたところ100mlあたり22万個のレジオネラ菌を検出した。加湿器の水に菌の基準はないが、入浴は同10個までとの基準があり、高濃度に汚染されていたといえる。

レジオネラニュース

レジオネラ症で高齢女性死亡北九州-福岡県

2018/01/10付の西部読売新聞によると、北九州市は9日、門司区の女性(91)がレジオネラ症による肺炎で死亡したと発表した。女性は昨年12月4日に発熱などを訴え、翌日に入院。今月5日にレジオネラ症と診断され、8日に死亡した。女性からはレジオネラ菌が検出された。感染原因は特定できていないという。

レジオネラニュース

菊水ロマン館男湯レジオネラ菌検出、和水町当面休業-熊本県

2017/12/30付の西日本新聞によると、和水町は29日、複合温泉施設「菊水ロマン館」を利用した男性がレジオネラ症を発症したと発表した。男性は入院中だが、命に別条はないという。

28日の保健所の簡易検査で、男湯からレジオネラ菌の陽性反応が出たため、同館は29日から安全が確認されるまで当面の間、休業するという。

レジオネラニュース

温泉でレジオネラ菌検出-青森県

2017/12/27付の河北新報によると、青森市は26日、浪岡総合保健福祉センターの温泉から基準値を超えるレジオネラ属菌が検出されたと発表した。9日の水質検査の結果が25日に判明。26日から同センター内の老人福祉センター浴室の利用を休止したという。

レジオネラニュース

三郷の高齢者施設浴場から菌検出-埼玉県

2017/12/14付の朝日新聞によると、 三郷市は13日、市立岩野木老人福祉センターの浴場からレジオネラ菌が検出されたと発表した。同日から浴場の利用を中止している。

市によると、先月の定期水質検査の結果が13日に判明し、基準を上回る菌が検出された。同センターでは1日平均100人強の利用者がいるが、今のところ健康被害の訴えはないという。