レジオネラニュース

浜松の入浴施設レジオネラ菌検出-静岡県

2018/04/27付の静岡新聞 によると、浜松市は26日、市三ケ日総合福祉センター内の入浴施設「いのはなの湯」で女性浴槽から基準値を超えるレジオネラ菌が検出されたと発表した。安全性が確認されるまで同施設の利用を停止、浴場設備を洗浄した後、再度水質検査を行うという。
同施設では2016年7月、12月にも基準値を超えるレジオネラ菌が検出されている。

レジオネラニュース

レジオネラ菌:浜田の施設基準2倍検出、県に報告せず昨年6月-島根県

2018/04/18付の毎日新聞地方版によると、浜田市の「ふるさと体験村」で昨年6月、男性用大浴場から基準の2倍のレジオネラ菌が検出されたが、当時運営していた「ふるさと弥栄振興公社」が県条例で義務付けられた知事への報告をしていなかったことが分かった。
昨年3月にもレジオネラ菌が検出され、昨年4月上旬まで浴場の営業を自粛しており、公社は指定管理者の指定を取り消され、現在は市が直営しているという。

レジオネラニュース

石岡の入浴施設でレジオネラ菌検出-茨城県

2018/04/05付の東京読売新聞によると、石岡市が設置し、JAやさとが指定管理者として運営する入浴施設「やさと温泉ゆりの郷」で、内湯から国の基準値を超えるレジオネラ菌が検出されたと両団体が4日発表した。発表によると、3月に同施設を2回利用した70歳代男性が23日に体調不良で入院し、医療機関から連絡を受けた県土浦保健所が調査した。菌との因果関係は不明としている。

レジオネラニュース

のぞみ会館浴場でレジオネラ菌検出/諫早、昨年9月も-長崎県

2018/04/05付の長崎新聞によると、諫早市教委は4日、多良見町の社会教育施設「多良見のぞみ会館」の浴水から基準値をやや上回るレジオネラ属菌が検出され、浴場使用を当面中止すると発表した。同施設では昨年9月にもレジオネラ属菌が検出され、約20日間使用を休止した。市教委は浴場内の洗浄を再徹底する方針という。

レジオネラニュース

レジオネラ肺炎で59歳死亡-千葉県

2018/03/28付の東京読売新聞によると、県は27日、流山市の自営業男性(59)がレジオネラ症による肺炎で死亡したと発表した。野田保健所が原因を調査したが特定できていない。男性は2月6日から喉の痛みなどを訴え、同月20日に病院に入院したが、3月26日に死亡したという。

レジオネラニュース

安芸市の温泉施設レジオネラ菌検出、安全確認で休業-高知県

2018/03/16付の高知新聞によると、安芸市は15日、市健康ふれあいセンター内にある温泉施設「元気風呂」の浴槽水から国の基準値をわずかに超えるレジオネラ菌を検出したと発表した。
検出されたのは、2月の定期検査で採取した女性用の浴槽水で、今月12日に結果が判明した。
ろ過装置の配管部分に原因があるとみて、市は薬品洗浄の準備を進めているという。

レジオネラニュース

杵築市営温泉からレジオネラ菌基準超え、営業を中止-大分県

2018/03/15付の朝日新聞によると、杵築市は13日、市営浴場「山香温泉センター」の温泉水からレジオネラ菌が検出された、と発表した。市福祉推進課によると、今月1日の定期検査で男湯と女湯の注ぎ口や浴槽から基準を超える菌が見つかったことが13日に判明した。 
同センターでは、2015年12月にも男湯の浴室から菌が見つかり、16日間営業を中止したという。

レジオネラニュース

大洲の温浴施設レジオネラ菌検出-愛媛県

2018/03/01付の大阪読売新聞によると、大洲市は28日、温浴施設「長浜なぎさの湯」の浴槽から国の基準値を上回るレジオネラ菌を検出したと発表した。同日から利用を中止した。
市によると、水質定期検査で判明、浴槽や配管などを洗浄し、再検査で問題がなければ利用を再開するという。

レジオネラニュース

小谷の温泉施設でレジオネラ菌検出-長野県

2018/02/28付の信濃毎日新聞によると、北安曇郡小谷村営の宿泊温泉施設「サンテインおたり」の男子浴槽でレジオネラ菌が検出されたと、おたり振興公社が27日に発表した。
同公社や県大町保健福祉事務所によると、20日の検査で国の基準値の35倍を超すレジオネラ菌を検出。同公社は浴槽の清掃や消毒を行い、再検査で基準値を下回れば営業を再開するという。

レジオネラニュース

レジオネラ菌に感染した八千代の男性死亡-千葉県

2018/02/15付の朝日新聞によると、県は14日、八千代市の会社員男性(56)がレジオネラ菌に感染し、肺炎で死亡したと発表した。県疾病対策課によると、男性は9日に市内の医療機関を受診。レジオネラ症と診断されて入院し、11日に死亡した。感染経路は特定できていないという。