2013年11月2日 CBR250R CUP鈴鹿グランドチャンピオンシップ大会に出場

グランドチャンピオンシップの前哨戦でもある鈴鹿大会最終戦に名越哲平選手、櫻井芽依選手が参戦。当日はアクアス佐藤社長、渋川専務、中野部長らが応援に駆けつけ、レースを観戦しました。
2人にとって初めての鈴鹿、哲平選手は決勝中盤トップに立つも最終シケインで接触して転倒、39位でフィニッシュ。芽依選手は自己ベストタイムを更新し19位でした。

12月1日、念願の鈴鹿グランドチャンピオンシップ大会に揃って出場した名越哲平選手、櫻井芽依選手。
全国のサーキットから選ばれた強豪43台が出場したレースで、哲平選手は混戦の中、トップ集団を守り、3位表彰台を獲得。芽依選手は一時15位を走行する健闘をみせ、19位で完走しました。

世界を目指す若いライダーをアクアスはこれからも応援します。

a6_01

a6_03

a6_02

a6_04


社会貢献カテゴリーの記事