レジオネラ治療薬評価委員会報告-日中レジオネラワークショップの報告-

レジオネラ治療薬評価委員会では、2010年より日中レジオネラワークショップを開催し、情報を交換している。今年度は「4th Workshop for Legionella and other atypical respiratory pathogens」が貴陽で開催された。中国からの報告について要約を示す。「Research Advances on Legionnaires Diseases in China」-Dr.Bijie Hu第2回西安
○市中肺炎におけるレジオネラ抗体価検査陽性率は高齢者約6%、若年者は約3%である。一方、健常人231例、肺炎患者168例に同検査実施の結果、31.6%、35.8%が陽性だった。
○上海8病院の水道水をDNA microarrayにて検査した結果、レジオネラ属が43% (うち、L.pneumophila17.1%)検出された。
○中国でもレジオネラ肺炎は一般的かつ重要な感染症であり、肺炎患者にはレジオネラ検査を積極的に実施すべきである。ワクチンによる予防も重要になってくると考えられる。「中国成人CAP肺炎支原体耐性情況中心調査」-Dr.Cao BIN第4回貴陽
○成人CAP(520例)における大規模研究で、14.4%(75/520)がマイコプラズマ肺炎で、EM耐性率80%、AZM72%であった。Macrolide系(MC)耐性メカニズムは23S rRNAのA2063Gの変異が関与していた。MC耐性は成人72%、小児は92%と高い。
○MC耐性率が高い理由として、①MCが安価②過剰投与③習慣的投与が考えられる。
○MC耐性に関するサーベイランスの実施、抗菌薬使用量に関するデータベースの構築、治療ガイドラインの作成などが必要と考えられる。近隣国中国での感染症発現は、日本にも影響を及ぼす。中国の事情や慣例を知ることは日本での感染対策を講ずる上で有意義である。今後も委員会報告等でフィードバックしていきたい。


その他, レジオネラ文献カテゴリーの記事