レジオネラ感染症-臨床医に知っていただきたい注意点-

レジオネラ感染症診療に際しての注意点について

1.尿中抗原検査の有用性と限界への注意
レジオネラ肺炎の診断についてはレジオネラ尿中抗原検出法が臨床現場に普及したことで診断例数が飛躍的に増加している。しかし、本検査法で最も簡便で迅速性が高いイムノクロマトグラフィー法によるキットは主にLegionella pneumophila血清群Ⅰを検出対象としていることから、他の血清群やL.p種以外のレジオネラ属菌による肺炎が診断から漏れることになる。自験例においても、本肺炎の発症初期や重症度が高くない症例では陽性の閾値に達しない実例もあった。レジオネラ肺炎の診断においては、本検査陰性のみで除外することのないよう、対象菌種や検査閾値の問題に注意が必要であり、喀痰培養など複数の検査の並行が必要である。

2.生物学的製剤使用例における発症リスクの上昇
本菌の感染防御の主体は細胞性免疫である。従って細胞性免疫が低下するような症例ではレジオネラ感染症の発症リスクが上昇すると考えられる。自験例においても他科で生物学的製剤を投与された後に重症肺炎を発症した例があった。2011年、FDAは生物学的製剤使用例で、レジオネラ属菌とリステリア菌による感染症が増加する可能性があるという警告を出した。

3.免疫抑制症例における肺膿瘍
わが国で2例目・3例目となるレジオネラ属菌による肺膿瘍の症例を経験した。プレドニソロン長期使用例と悪性リンパ腫の症例で、前者は生前に診断がつき救命され、後者は剖検により診断がついた。欧米では免疫抑制症例で同様の症例が多数報告されており、わが国では見落とされている可能性について注意が必要である。


レジオネラ文献, 発症例カテゴリーの記事