レジオネラ肺炎マウスモデルを用いたIL-17のin vitroおよびin vivoでの機能解析

目的
L.pneumophilaによるマウス肺炎モデルを用いて、感染病態に及ぼすIL-17Aの機能についてin vitroおよびin vivoでの検討を行った。

方法
マウス肺炎モデルとしてBALB/cマウス、同IL-17A欠損マウスを用いて、L. pneumophilaを感染させ、生存率を確認した。細菌感染モデルではマウスの大腿骨骨髄細胞からマクロファージを分化・回収し本菌を感染させ、各種サイトカイン量の産生性を測定した。

結果と結論
肺炎モデルでは野生型と比べIL-17A欠損マウスで有意な生存率低下を認めた。細菌感染モデルではIL-17Aを細胞に添加することによりGM-CSFとIL-6の有意な発現量の増加が認められ、CXCL-2の発現増加傾向が観察された。以上のことから、L. pneumophilaマウス肺炎モデルにおいてIL-17Aは好中球の産生・遊走に関与する可能性が示唆された。


その他, レジオネラ文献カテゴリーの記事