冷却水のレジオネラ属菌に対するNaCIOの殺菌効果調査

目的
一般にレジオネラ属菌には塩素剤が有効とされるが、我々の調査では無処理冷却水のレジオネラ属菌検出率が53%だったのに対し、有機系殺菌剤処理では20%、塩素系殺菌剤処理では55%と無処理と同等だった。そこで、冷却水のレジオネラ属菌に塩素剤が効きにくい要因について検討した。

方法および結果
1.塩素系殺菌剤使用でレジオネラ属菌が検出された冷却水4検体に対して、遊離残留塩素濃度5mg/LとなるようにNaCIO溶液を添加し、一定時間後のレジオネラ属菌数を培養法で測定した結果、菌数が3桁減少するのに4検体全て60分以上であった。冷却水から培養法で分離したレジオネラ属菌とL.pneumophilaATCC33152株を10mMリン酸緩衝液に懸濁し、遊離残留塩素濃度1mg/LとなるようNaCIO溶液を添加し、同様に生菌数を測定した結果、全ての株で生菌が不検出(99.9%以上)となり、冷却水分離株もNaCIOが効きやすかった。
2.冷却水の水質の影響を評価するため、冷却水3検体を遠心沈殿し、沈殿を10mMリン酸緩衝液に懸濁し、遊離残留塩素濃度5mg/LとなるようにNaCIO溶液を添加、一定時間後のレジオネラ属菌数を培養法で測定した。結果、99.9%殺菌時間は30〜60分以上であった。
3.冷却水中のアメーバ類やバイオフィルムの小片の影響を評価するため、ろ過した冷却水で同様に試験した結果、99.9%殺菌時間は60分以上で、ろ過しないものと変わらなかった。一般的に、冷却水では水質の影響やレジオネラ属菌がアメーバ類やバイオフィルムに保護されていることにより塩素系殺菌剤が効きにくくなると考えられているが、今回の調査結果からそれらは主要因ではないと判断された。

考察
Schookらはアカントアメーバに感染して増殖したL.pneumophilaはBCYEa寒天培地で増殖したL.pneumophilaと比べて塩素系殺菌剤への耐性が64倍上昇し、環境中のレジオネラ属菌には塩素系殺菌剤が効きにくいと報告している。実際の冷却水のレジオネラ属菌に塩素系殺菌剤が効きにくい要因としてもアメーバ内増殖が関与している可能性があるため、更に検討を続ける。


レジオネラ文献, 防除方法カテゴリーの記事