レジオネラ尿中抗原が陽性となった肺炎患者の臨床像についての検討

目的
レジオネラ尿中抗原検査により、レジオネラ症と診断される症例が増えていることから陽性となった肺炎患者の臨床像について調査する。

方法
当科を受診し、レジオネラ尿中抗原が陽性となった肺炎患者を対象に病歴・症状・治療などについて診療録を用い後ろ向きに検討した。

結果
対象の肺炎患者は26名、うち男性20名、平均年齢は66.7歳。温泉入浴歴は5例。主な症状として消火器症状10例、意識障害12例、腎機能障害13例、肝機能障害10例、低Na血症8例を認めた。初期治療薬として投与された抗菌薬はアジスロマイシン7例、エリスロマイシン6例、シプロフロキサシン8例、レボフロキサシン2例、パズフロキサシン3例、リファンピシン2例であった。当院受診後30日以内の死亡は2例であった。


レジオネラ文献, 発症例カテゴリーの記事